サービス一覧
閉じる

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)のメリットは?デメリットや口コミも紹介!

Yahoo! JAPANカードのメリットとデメリットについて解説します。また、ユーザーの口コミをチェックし、カードの評判や疑問点も紹介します。Yahoo! JAPANカードを申し込む前にメリットやデメリットを理解しましょう。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!関連サービスで還元率アップ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Yahoo! JAPANカードは基本還元率が1.00%と無料クレジットカードではトップレベルの還元率です。Tポイントとして貯めることができ、Tポイント加盟店では「カード利用還元」と「買い物還元」でポイントの2重取りができます。貯まったポイントは全国各地のTポイント加盟店で使用できるほかANAマイルへの交換も可能と使い道が満載です。

 

さらにYahoo!ショッピングやLOHACOの支払いに利用すると還元率が3倍の3.0%にUPします。Yahoo!関連のサービスをよく利用する方はメリットが大きいカードです。また利用者が急増しているPayPayの残高へチャージできる唯一のクレジットカードでもあるので、PayPayユーザーにもおすすめしたいカードです。

 

カードブランドはJCB,VISA,MASTERから選択できます。また、保険はショッピング保険が付帯されるほか、月額490円で加入可能なプラチナ補償のサービスもあり、トラブルが起こった際も充実した補償が受けられます。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜2.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Tポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ、PayPay

ここからはYahoo! JAPANカードのメリットを紹介します。お得な点をしっかり把握しておきましょう。

年会費が永年無料

Yahoo! JAPANカードは年会費が永年無料です。年会費だけで数千円〜数万円かかるカードもありますから無料で利用できるのは嬉しいですね。無料のための条件もないので、利用が一切なくても年会費はかかりません。そのため、初めてのクレジットカードとして選ばれることが多いですよ!

審査は最短2分で完了

Yahoo! JAPANカードの審査は非常に早く最短2分で完了します。この審査期間からもわかる通り、審査基準も甘く学生や主婦を含め多くの方がカード発行可能です。ただし、審査が完了してからクレジットカードが実際に手元に届くまでは時間がかかり、審査完了後すぐに利用することはできないので注意しましょう。

基本還元率1.0%でTポイントが貯まりやすい

基本還元率は1.0%で無料クレジットカードではトップレベルです。還元は提携先が豊富なTポイントでの還元となり、ポイントの使い道にも困りません。Tポイント加盟店では、ショッピングとカード利用でポイントの2重取りも可能です。

 

また、Yahoo!ショッピングやLOHACOの支払いに利用すると還元率が3倍の3.0%にUPします。さらに、毎月5のつく日(5日、15日、25日)は還元率が5倍の5.0%になるキャンペーンを実施しています。Yahoo!のサービスをよく利用する方は効率よくポイントを貯められますね。

PayPay残高にチャージ可能な唯一のカード

PayPay残高にチャージ可能な唯一のクレジットカードです。PayPayはスマホ決済でのシェアNo.1であり、コンビニや飲食店をはじめ多くの店で利用可能です。

 

先に述べたYahoo!ショッピングやLOHACOでの支払いでは、還元率3%のうち1%がPayPayボーナスとして付与されるため、PayPayとYahoo! JAPANカードの相性が非常に良いことがわかります。PayPayユーザーにはおすすめのカードです!

充実したショッピング保険

ショッピング保険が充実しています。Yahoo! JAPANカードを利用した買い物で購入から90日以内での破損、盗難、火災などの不慮の事態での損害に関しては最大100万円まで補償されます(商品10,000円以上の買い物に限る)。この買い物は国内、海外問わず対象となるので、補償範囲がかなり幅広いです。

 

また、月額490円(税別)で携帯電話の水没補償など様々なトラブルに対応できるプラチナ補償精度もあり、不測の事態が起こっても安心です。初回申し込みの場合は初月無料で利用でき、お試しとして加入することもできます。

 

↓Yahoo! JAPANカードについて詳しく知りたい方はこちら

メリットいっぱいのYahoo! JAPANカードですが、デメリットはあるのでしょうか?ここではデメリットを2点紹介します。

ETCカードが有料

追加で発行できるETCカードは年会費が500円(税別)かかります。ETCカードと合わせて利用したい人には向いてないですね。ETCカードが無料で発行できるクレジットカードもあるので、ETCカードは他のカードで無料発行するのが良いですね。

 

ただしETCカードの利用でもTポイントが貯まるので、年間で50,000円以上をETCカードの決済で支払えば、年会費分以上のポイントを得ることができます。車をよく利用する方で、ETCカードのために他のクレジットカードを発行したくない場合は発行しても良いかもしれません。

海外、国内の旅行保険の付帯がない

海外、国内の旅行保険が付帯されません。海外旅行に行く際、クレジットカードに付帯される海外旅行保険を使用する人も多いと思いますが、Yahoo! JAPANカードでは利用できません。同様に国内旅行保険もつかないので、旅行によく行く方は、旅行保険が付帯されるクレジットカードと合わせて持つことも検討しましょう。

最初は利用限度額が低くなりがち

カード発行時はカードの利用限度額が低くなりがちです。これは審査が早いというメリットと関連してきますが、審査が早く学生や主婦の方でも通り安く設定されているので、最初の利用限度額は抑えられています。もちろん個人の資産状況によって利用限度額は変わりますが、最初は10~30万円の方が多い模様です。

 

ただし、カードを利用していくことで利用限度額は上げられるので、大きな買い物をしない限りはそこまで気にしなくてもよいでしょう。ちなみにYahoo! JAPANカードの最大利用限度額は100万円です。

Yahoo! JAPANカードのメリットとデメリットについて紹介しましたが、実際にこのカードを使っている方の評判は良いのでしょうか?ここではYahoo! JAPANカード利用者の口コミを紹介します。

Yahoo! JAPANカードの良い口コミ・評判

JCBエディットから、ほぼ完全にヤフーカードに乗り換えました。理由は、ソフトバンクユーザーであり、ヤフーショッピングを利用することが多く、ポイント還元率が高いから。電子決済は、paypay利用でカードからのチャージが簡単。

出典:https://review.kakaku.com

買い物もオークションもヤフーをメインに利用しており、ヤフープレミアム会員でもあるためこのカードは自分にとってメリットがあります。 各種公共料金や保険、ガソリン、買い物に至るまで殆どこのカード決済なのでポイントもけっこう還元されてます。

出典:https://review.kakaku.com

ソフトバンクユーザーですし、YahooショッピングやPayPayでお世話になっているので、有難い限りです。 どこで買い物しても100円で1ポイント。 純粋に、いいカードだと思いますよ。

出典:https://review.kakaku.com

ヤフーショッピングのヘビーユーザーです。 私は店頭で物を買うことはほとんどなく、毎週のようにヤフーで水やら米やらその他食材を注文しています。以前は楽天でしたが、ポイント還元率が高いのと日替わりクーポン等が充実していて楽しく買い物が出来ます。 ヤフーショッピングのヘビーユーザーにとっては間違いなくお得なカードだと思いますよー。

出典:https://review.kakaku.com

Yahoo! JAPANカードのイマイチな口コミ・評判

PayPayチャージでポイントが付いていた頃はよかったのですが、チャージポイントがつかなくなり、さらにTポイントの使い道が減った今、凋落の一途をたどるカードです。

出典:https://review.kakaku.com

ショッピング利用額が10万と少なく、ペイペイのチャージにも色々と制限が設けられていて、 私の生活スタイルにはあわない。 制限解消のため、 利用枠30万に増額の申請したが落ちた(T-T) ショッピング枠10万では高め家電だと使えない。

出典:https://review.kakaku.com

ここからはYahoo! JAPANカードの申し込み方法について解説します。カードの発行を検討をしている方は参考にしてください。

申し込みはこちら

Yahoo! JAPAN IDを取得する

まずはYahoo! JAPAN IDを取得しましょう。Yahoo! JAPAN IDがないとYahoo! JAPANカードに申し込むことができません。このIDは無料で取得できますので安心してください。

 

IDはYahoo! JAPANのトップページのリンクから取得できますよ。ID取得には携帯電話番号の登録が必要です。登録した携帯電話番号宛に確認コードが記載されたSMSが届くので、確認コードを入力してください。その後は名前や住所、生年月日などの基本情報の入力だけで簡単に取得できます。

 

ID取得後はPayPayやTポイントと紐づけておくとより便利ですね。また、Yahoo! JAPAN IDはYahoo! JAPANカードの申し込み以外にもYahoo!メールなど様々なYahoo!のサービスに利用できますよ!

公式サイトから申し込み

IDを取得したらカードの申し込みに移ります。Yahoo! JAPANカードは公式サイトからweb上での申し込みです。名前や住所などの基本情報から職業や年収などの資産情報も記入します。情報に間違いがないよう慎重に記入してください。

 

申し込みの段階で、カードのブランドをVISA/MASTER/JCBの3つから選択します。どのブランドを選ぶかはご自身の想定に応じて決めましょう。1番人気はJCBですが、海外での利用を考えるなら世界シェアNo.1のVISAがおすすめです。また、JCBもVISAも既に持っている方はMASTERを選ぶのも良いでしょう。

審査完了後にカード発行

入力完了後に審査へ移りますが、審査は最短2分で完了します。登録したメールアドレスに審査結果が送られるので確認しましょう。審査結果が中々送られてこないようであれば、webサイトの審査状況確認ページで現在の審査状況をチェックできますよ!審査に合格であれば、登録した住所宛に1週間〜10日ほどで郵送されます。

カードが届いてからすること

無事にカードがお手元に届いたら、「初回登録」と「Tポイント利用手続き」をしましょう。初回登録はカード会員サービスメニューのご利用に必要です。Yahoo! JAPANカードのwebサイトにてカード番号と有効期限を入力すれば初回登録完了です。この登録によりご利用明細などの確認をwebで行うことができます。

 

同じくwebサイト内からTポイント利用手続きをすると、カードの利用に応じてTポイントを貯めることができますよ!また、支払い用金融機関の設定も忘れずに行ってくださいね。

申し込みはこちら

Yahoo! JAPANカードに関する、よくある質問についてまとめました。疑問点がある方はこちらを見て解決しましょう。

Yahoo! JAPANカードの引き落とし日はいつ?

Yahoo! JAPANカードは月末締めの翌月27日の引き落としとなります。毎月20日(お支払い口座によっては15日)に支払い金額が確定するので、引き落とし日までに支払い金額を準備しておきましょう。支払い口座の残高が足りず、支払い延滞となることはクレジットヒストリーに傷がつきますので絶対に避けてください。

PayPay残高へのチャージでのポイント還元はある?

PayPay残高へのチャージによるTポイント還元はありません。2020年2月以前はYahoo! JAPANカードからのPayPay残高チャージで1.0%のTポイント還元がありましたが、2020年9月現在ではTポイント還元はありません。しかしPayPay残高もしくはYahoo! JAPANカード払いでのPayPay利用により、PayPayにて0.5%〜1.5%の還元を受けられます。

nanacoへチャージできる?

Yahoo! JAPANカードからnanacoへのチャージはできません。ただし、2020年3月12日以前に、Yahoo! JAPANカードをnanacoへのチャージ方法として登録していれば、nanacoへのチャージが引き続き可能ですが、nanacoチャージによるTポイント還元はありません。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!関連サービスで還元率アップ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜2.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Tポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ、PayPay

今回はYahoo! JAPANカードのメリットとデメリットについて解説しました。また、実際に利用している方の口コミを紹介し、このカードの評判についても紹介しました。年会費が永年無料で基本還元率も高い上、このカードを持つとYahoo!関連のサービスやPayPayをお得に利用できますので、Yahoo!ユーザー、PayPayユーザーの方は発行してみてはいかがでしょうか。

ヤフーカードについて興味を持たれた方、さらに詳しく知りたいと思われた方にヤフーカードに関連する記事をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

TOPへ