サービス一覧
閉じる

ダイナースクラブカードのメリットとデメリットは?口コミや評判も紹介

ダイナースクラブカードのメリットとデメリットについて解説します。また、カード利用者の口コミをチェックし、このカードの評判や疑問点も紹介します。ダイナースクラブカードを申し込む前にメリットやデメリットを把握してお得に使いましょう。

ダイナースクラブカード

充実した特典が魅力の高ステータスカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイナースクラブカードは、様々な特典がついた高いステータスのクレジットカードです。27歳以上の方が申込可能ですが、年収は500万円以上あることが望ましいでしょう。年会費は24,200円(税込)と高額ですが、その年会費に伴う優待が魅力です。

 

トラベル、グルメ、ゴルフをはじめ様々な場面で優待が受けられ、付帯保険も国内、海外の旅行保険とショッピング保険があり、補償内容も手厚いです。またMastercardのプラチナグレードのステータスを備えた「TRUST CLUB プラチナマスターカード」を無料で発行できるので、Mastercard加盟店でも問題なく利用できます。

 

基本還元率は0.4%と低めですが、マイルとの交換をすることで1.0%以上の還元率となるため、マイルを貯めている方には特におすすめできるカードです。

年会費 24,200円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 0.40%〜1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント ダイナースクラブ リワードポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、スカイマイル、マイレージプラス スマホ決済 Apple Pay

ここからはダイナースクラブカードのメリットを紹介します。お得な点をしっかり把握しておきましょう。

一律の限度額上限がない

利用限度額の上限が一律で決められておらず、高額な買い物にも使うことができます。利用限度額は会員ごとに設定されており、良好なクレジットヒストリーを積んでいくことで利用限度額は大きく上がると考えられ、限度額を気にせず利用できるようになるでしょう。

豪華な優待

ダイナースクラブカード最大のメリットが豪華な優待を受けられることです。以下に主な優待サービスをまとめました。

トラベル優待

トラベル優待が非常に充実しており、特に空港ラウンジ無料利用は嬉しい特典です。国内、海外合わせて1,000箇所以上を利用でき、ファーストクラス用のラウンジを利用できる空港もあります。また、空港に行くまでの優待もあり、空港までのタクシー送迎、空港までの特急列車、空港近くのホテル前泊のいずれかのサービスを受けられます。

 

海外旅行の際は世界各地に現地のトラベルデスクがあり、トラブル時の対応や旅行の相談ができます。その他、現地レンタカーの割引利用やWiFiレンタルなどのサービスもありますよ。

 

宿泊では国内、海外の高級ホテルでお部屋のアップグレードなどの特別優待を受けられます。対象はハイアット、アマン、ペニンシュラなど名の通った有名ホテルばかりですから一度は利用したいですね。

グルメ優待

高級レストランのおすすめコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になる優待が受けられます。また、対象店舗によっては6名以上の場合は2名まで無料になりグループでの利用にも最適です。利用は1店舗につき半年に1回までとなり、半年ごとに同じ店舗を利用できるのはもちろん、違う店舗であれば半年の間に複数回利用できます。

 

このサービスを存分に利用すれば、年会費の24,200円を遥かに超える額の優待を受けることができるので、年会費が安く感じてしまいますね。

ゴルフ優待

ゴルフ関連で様々な優待があります。予約が難しい国内の名門ゴルフ場の優待予約や対象コースで5,000円のプレー代割引などゴルフ好きの方には嬉しい特典ばかりです。さらに対象スクールでのプライベートレッスン50%OFFやゴルフ練習場の優待もあり、これからゴルフを始める方でも特典が受けやすくなっています。

フィットネス優待

フィットネス優待として全国にあるコナミスポーツクラブを法人価格でお得に利用できます。優待内容も月額制か都度利用制かを選択できるため、ご自身のライフスタイルに合わせてこの優待を受けられます。

 

その他にもハイアット リージェンシー東京のスパ&ウェルネス「ジュール」での優待やフィットネス&リゾートのINSPA各店で無料体験などがあります。

会員限定イベント

カード会員限定のイベントが多数開催されています。2020年10月現在では、世界トップクラスのワイナリー「エラスレス」のワインが楽しめる特別会食会などが予定されています。ダイナースクラブ会員だけの豪華イベントは特別感が満載です!

コンパニオンカードの発行

Mastercardのプラチナグレードのステータスを備えた「TRUST CLUB プラチナマスターカード」を無料で発行できます。通常は年会費3,300円(税込)かかるため、無料で発行できるのは非常にお得です。

 

Mastercard加盟店で使えるので使えるお店が増える上、Mastercard優待プログラムのサービスも追加で利用できます。ただし、このカードを利用した場合は200円ごとの利用で1ポイントと還元率が下がるので、両方利用できる場合はダイナースクラブカードを使いましょう。

手厚い付帯保険

付帯保険として海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険があります。

海外旅行保険

海外旅行保険が自動付帯され、補償額は最高1億円と充実しています。海外旅行によく行く方には非常にありがたいですね。

 

補償内容は以下の表をご覧ください。

 

ダイナースクラブカード  海外旅行保険の補償内容
死亡、後遺障害 1億円
治療費用 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円
補償対象旅行期間  3ヶ月

※記載の補償額は限度額です。

国内旅行保険

海外だけでなく国内旅行保険も付帯しています。国内旅行保険も付帯しているクレジットカードは少ないので貴重ですね。国内、海外問わず旅行保険はこのカード1枚で十分な補償が受けられます。

 

補償内容は以下の表をご覧ください。

ダイナースクラブカード  国内旅行保険の補償内容
死亡、後遺障害 1億円
入院 日額5,000円
手術 入院中の手術5万円(入院中以外2.5万円)
通院 日額3,000円 

※記載の補償額は限度額です。

ショッピング保険

ショッピング保険の対象は「購入から90日以内に不慮の事故などにより損害を被った場合」です。最大補償金額は500万円で、自己負担額1万円が必要になります。ただし、航空券などのチケット類は補償対象外となるので注意しましょう。ブランド物など高価なものが偶然壊れてしまった場合などはこのショッピング保険を利用したいですね。

有効期限がないポイント制度

付与されるダイナースクラブリワードポイントは有効期限がないので、ポイント失効を気にせず貯められます。利用金額100円当たり1ポイントが貯まり、貯まったポイントは他社ポイントや航空券のマイルに交換でき、カード利用代金にキャッシュバックも可能です。

 

 

メリットがたくさんあるダイナースクラブカードですが、デメリットはあるのでしょうか?ここではデメリットを4点紹介します。

年会費が高い

税込24,200円の年会費は高額です。もちろん高い年会費分のお得感はあるんですが、無料で発行できるクレジットカードもあることを考えると、特典を有効活用できない人にはこの高い年会費がネックになりますね。

使えるお店が少なめ

シェア率が高いVISAやMastercardと比べると使えるお店が少なめです。日本国内ではJCBと提携しており多くの店舗で利用できますが、海外では利用できるお店が限られてきます。

 

ただし、先述したコンパニオンカードを発行すればMastercard加盟店でも使えるため、コンパニオンカードと合わせて使うのがおすすめですよ。

ポイント還元率が低い

高額な年会費の割に基本還元率が0.4%と低いです。ただし、ポイントの利用期限がないことに加えポイント還元以外の特典が多いため、そこまで気にする必要はなさそうです。

 

また、ポイントを航空券のマイルに交換する場合は1ポイント=1マイルに交換でき、還元率は1.0%以上にアップするので、マイルを貯める人には他社カードよりもお得な還元率になります。

ステータスの低下

ダイナースクラブカードを保有するステータスが低下しています。入会基準が以前に比べて緩和されたため、多くの方が保有できるようになりました。それ自体は良いことですが、一方でこのカードを保有しているというステータスは下がっています。

 

ステータス目的で保有する方は価値が下がっているため、他社のプラチナカードを検討してもよいですね。

ダイナースクラブカードのメリットとデメリットについて紹介しましたが、実際にこのカードを使っている方の評判は良いのでしょうか?ここではダイナースクラブカード利用者の口コミを紹介します。

ダイナースクラブカードの良い・口コミ・評判

アメックスと並び高級な雰囲気を感じさせてくれるダイナースクラブ。 限度額の心配がほとんどないのもうれしいところ。 昔は使えないところがちょこちょこあったけど、今はほぼどこでも使えます。 会報誌のSIGNATUREは落ち着いた雰囲気で好感が持てます。 年会費も比較的(AmexPlatinum等と比べて)安いですし、安心して使える1枚だと思います。

出典:https://review.kakaku.com

年会費の支払いはちょっと厳しい……ですが、かなり使いがいのあるカードです。なにせサービスが充実していて、普段は行けないような高級店でも優待サービスを受けられます。いいものを安く買えることも多いので、持ち物などにこだわりを持っている人には、ぴったりのカードだと思います。 保険やラウンジサービスなど、旅行に関するサービスも充実しています。私よく送迎サービスを利用しています。迎えに来てくれて空港まで送ってくれる上、片道無料。ほかのカードにはなかなかないサービスですし、空港まで自分で運転していかなくていいのがいいですね。

出典:https://review.kakaku.com

ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニングという優待サービスなのですが加盟店140店舗のコースメニューを2名 以上だと一名分無料になるてんや、料亭プランを利用しますと普段使えないような料亭を代行予約していただけたり 普段味わえないような値段や待遇を受けられますよ。あとはホスピタルトランスポートですが旅行中の怪我や病気に 2週間以上の入院が必要な場合、国内病院への移送を無料でやっていただけるので旅行や旅にはこころ強いカードだと 思いますよ。

出典:https://review.kakaku.com

そこそこ信用される。 色んな空港でラウンジが使える。 ホテルの宿泊でアップグレードしてもらえることが多い気がする。 ポイントに期限がない。

出典:https://review.kakaku.com

ダイナースクラブカードのイマイチな口コミ・評判

時代遅れとなった、コスパの悪いカード。 三井住友信託銀行が発行元になってから、改悪ばかりが続き、かつてのステータスは神話になってしまう程、最近は落ちぶれてます。 旅行割引は他社の方が上だし、レストランも他社の方が魅力的になってしまった。付帯保険も他社の安いカードで同等クラスのものが享受される現状である。 カードを店頭で出しても、知名度がかなり低くなったため、ポイントカードと間違う若い世代の店員が増えてしまっている。 しまいには、カード会社の電話対応も質がかなり悪くなり、日本人なのに日本語での説明が下手くそ。品も何も無くなってしまい残念

出典:https://review.kakaku.com

2年位前までは、ショッピングモール経由で年間200万円は利用していましたが マイル移行可能航空会社の激減やショッピングモール利用時の加算方法の改悪により、利用が激減 更に、ANAへのマイル移行制限の改悪も加わり、愛想が尽きていたタイミングで ゲーテの下品な記事広告を見て、私の中では、持つ価値が無いという結論に至りました。

出典:https://review.kakaku.com

ダイナースクラブカードはどのように申し込めばよいでしょうか?ここでは申し込み方法について解説しますので、カード発行を検討している方は参考にしてください。

申し込みはこちら

申し込みは公式サイトか郵送で

申し込み方法は「公式サイト」と「郵送」の2通りがあります。

公式サイトからの申し込み

公式サイトの新規入会ページから申し込み手続きを進めていきます。名前や住所などの基本情報から職業や年収などの資産情報も入力し、その後に運転免許証などの本人確認書類と支払い口座の設定を行います。この申し込み方法が最も早くカード発行できるためおすすめです。

郵送での申し込み

郵送での申し込みも可能です。公式サイトから申し込みを進めていき、個人情報の入力まで完了させます。その後に「オンライン申し込み確認書」が郵送されますので、この確認書に支払い口座など必要事項の記入や署名、捺印をします。さらに運転免許証などの本人確認書類のコピーを同封しての返送が必要です。

 

オンラインだけの手続きとは違い、手間がかかりますので公式サイトで全ての手続きを完了した方がスムーズですね。

 

審査完了後にカード発行

申し込み後にカード発行の審査があり、審査期間は平均で1週間程度の模様です。無事に審査に通ったら登録先の住所までカードを郵送してくれます。カードを手にしたら、カード裏面への署名を忘れずに行いましょう。

申し込みはこちら

ダイナースクラブカードに関するよくある質問についてまとめました。疑問点がある方はこちらを見て解決しましょう。

ダイナースクラブカードの引き落とし日は?

ダイナースクラブカードの引き落とし日は毎月15日締めの翌月10日払いです。

追加カードは料金がかかる?

家族カードは5,500円(税込)の年会費がかかります。ETCカードは無料で5枚まで発行可能です。

ダイナースクラブカード

充実した特典が魅力の高ステータスカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 24,200円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 0.40%〜1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント ダイナースクラブ リワードポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、スカイマイル、マイレージプラス スマホ決済 Apple Pay

今回は、ダイナースクラブカードのメリットとデメリットについて解説し、利用者の口コミや評判を紹介しました。年会費は24,200円(税込)と安くはないですが、その年会費以上に豪華な優待があります。特に高級レストランや高級ホテルでの優待は満足感があり、それだけで年会費の元が取れるほどです。優待をうまく使えばとてもお得に使えるため、興味がある方はカードを申し込みしてはいかがでしょうか。

TOPへ