ほくろ除去におすすめな鹿児島の安いクリニック8選|保険適応について解説!評判のいいクリックは?

ほくろ除去におすすめな鹿児島の安いクリニック8選|保険適応について解説!評判のいいクリックは?

「ほくろ除去は安いクリニックで済ませたい」「保険は適用できるの?」などの悩みを抱えている方は必見です。


この記事では、ほくろ除去ができるクリニックの選び方から、鹿児島にある美容皮膚科・美容外科クリニックまでご紹介します。


いいクリニックを見極めたい方は、ぜひ参考にしてください。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

ほくろ除去は保険適応で安くなる?

ほくろを取りたいAさんの画像

ほくろを取りたいAさん

ほくろって、病院で保険適応して安く取ることできないの?

と考える方も多いと思いますが、病院で保険を適用するには条件があります。

除去するほくろが、悪性の皮膚がん(メラノーマ)・生活に支障のあるほくろでなければいけません。

 

悪性かどうかは、皮膚科でダーモスコピーという拡大鏡のような機器を使って検査します。300円ほどで検査可能です。

 

適用が認められた場合、3割負担の5,000〜16,000円(本当に癌かどうか確認する病理検査・処方料等込み)で切開施術が受けられます。

 

※施術方法は切開のみ。レーザー治療は適用されません

編集部の画像

編集部

以下に1つ以上当てはまる方は、皮膚科の病院を検討してください

悪性のほくろの可能性がある特徴

非対称でいびつな形

輪郭がぼやけているように見える

色が不均一

直径が6mm以上ある

大きさ・色・形が変化している

良性・美容目的のほくろ除去は美容皮膚科・美容外科

良性のほくろ・美容目的の除去は、美容皮膚科・美容外科の方が後悔しにくいです。

 

美容皮膚科・外科は見た目の綺麗さに注力してくれます。一方皮膚科は「再発の可能性がない施術」を日々行っているため、見た目のよさにそこまで期待できません。

 

また自由診療の場合、皮膚科・美容皮膚科・美容外科でさほど価格の差はありません。皮膚科にこだわる理由はないでしょう。

編集部の画像

編集部

本記事では、良性・美容目的の方向けの美容皮膚科・美容外科をメインにご紹介しますよ!

「悪性の特徴はないが不安」という方は、お近くの皮膚科の病院でダーモスコピーは受けておきましょう。

 

基本、美容皮膚科・美容外科のみのクリニックにダーモスコピーの検査はないので、検査を受けるなら皮膚科に行く必要があります。

 

良性なら皮膚科で除去する必要はないので、検査のみで帰宅。別日に美容皮膚科・美容外科で除去しましょう。

ほくろ除去できるクリニックの選び方

ここでは、仕上がりと安さに定評のある美容皮膚科・美容外科クリニックを探す際のポイントをご紹介します。

除去したいほくろにあった施術がある

クリニックを選ぶ際は、除去したいほくろに合った施術があるかを確認しましょう。

 

施術の種類は主に以下の4つに分かれ、ほくろの状態によって適用が異なります。

 

適用ではない治療は傷が目立ったり、赤みが大きく出たりなどの悪影響があるので、適用を度返しした選択はしないようにしてください。

 

■施術別の特徴

(表は横スクロールが可能)

  ほくろの大きさ ほくろの盛り上がり ほくろの深さ ダウンタイム 傷跡リスク 再発リスク

ピコレーザー

or

Qスイッチ

1mm以下

平坦

浅い

腫れ・内出血・赤み

10日〜2週間

赤みが残る可能性が

あるが

基本目立ちにくい

ほくろの細胞組織を

完全に取り除くのは

難しく、術後1〜2ヶ月で

再発の可能性あり

炭酸ガスレーザー 4mm以下

平坦〜やや

盛り上がってる

浅い〜

やや深い

腫れ・内出血・赤み

10日〜2週間

赤みが残る可能性が

あるが

基本目立ちにくい

ほくろの細胞組織を

完全に取り除くのは

難しく、術後1〜2ヶ月で

再発の可能性あり

電気メス 6mm以下

平坦〜

盛り上がっている

浅い〜

やや深い

腫れ・内出血・赤み

2〜3ヶ月

傷がふさがりきらず

跡が残る可能性があるが

基本目立ちにくい

ほくろの細胞組織を

綺麗に除去できるので、

再発リスクは低い

切開 6mm以上

盛り上がっている

深い

腫れ・内出血・赤み

2〜3ヶ月

傷跡の盛り上がりや

凹みが出る可能性あるが

基本目立ちにくい

ほくろの細胞組織を

綺麗に除去できるので、

再発リスクは低い

 

傾向として、ダウンタイムが短いレーザー治療が人気ですが、レーザーは再発リスクがつきものです。複数回の通院が必要になり、結果割高になる可能性も高いと把握しておきましょう。

編集部の画像

編集部

記事後半では、それぞれの治療法についてより細かく解説します。

気になる方はぜひチェックしてください!

料金が予算範囲内か

次に自分が納得してお金を出せる料金かどうか確認しましょう。

 

一見どのクリニックも似たような料金設定に感じますが、よく確認すると、対象のほくろの大きさ・局所麻酔の有無に違いがあるのがわかるはずです。

 

小さい字で説明書きしているサイトもあるので、提供されるサービスをしっかりチェックしてください。

取り放題メニューはお得じゃない?!

一部クリニックでは、取り放題プランを売り出しています。複数個同時に取りたい方がお得と思い選択しがちです。

 

ただ、取り放題といっても、実際は10個まで等の制限付きが多いです。価格は3〜10万円と高額で、2〜5個であれば他クリニックの1個料金の方が安く済む場合もあります。

 

また、一度に除去する個数が増えると必然的に赤み・内出血も増え、ダウンタイムの症状が目立ちやすくなりますよ。

編集部の画像

編集部

「取り放題」に惑わされず、慎重に判断しましょう

鹿児島のほくろ除去ができる美容クリニック8院

TCB東京中央美容外科 鹿児島院

お手頃価格とアクセスのよさが魅力

■ほくろ除去の料金一覧

メニュー名 料金

電気メスによる

電気分解法

2mm以下…4,980円

4mm以下…7,640円

6mm以下…10,200円

※局所麻酔代込み

切開法

1mmあたり19,800円

※局所麻酔代込み

くり抜き法

1mmあたり10,200円

※局所麻酔代込み

追加できる

麻酔オプション

▼表面麻酔(針の痛みが怖い人向け)

2,750〜10,800円

▼局所麻酔の針の種類

マイクロカニューレ…3,300円

32G…2,750円

34G…4,330円

35G…5,500円

 

■営業時間

10:00〜19:00

休診日は不定休なのでクリニックに確認

 

基本情報
カウンセリング料 無料
アクセス JR「鹿児島中央駅」より徒歩3分
支払い方法 現金・クレジットカード・デビットカード・QR決済・医療ローン

※ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

※自由診療のため、保険が適用されません

※画像は鹿児島院のものを引用しています

※表示価格はすべて税込です

 

TCB東京中央美容外科の特徴

お手頃な料金設定

TCB東京中央美容外科のほくろ取りは、手が届きやすいお手頃な価格設定が魅力の1つです。特に電気メスの施術は4,980〜10,200円とリーズナブルになっています。痛みが苦手な方向けの表面麻酔・針のオプションも数千円程度と追加しやすいお値段です。

 

定期的に割引クーポンを配布

TCB東京中央美容外科は割引クーポンの配布を定期的に行なっています。ほくろ除去だと、過去に初回25,000円オフクーポンの配布を実施しています。気になる方はキャンペーン実施中か確認してみましょう。

 

年中無休のカスタマーサポート

TCB東京中央美容外科には無料でメール相談ができるカスタマーサポートがあります。仕上がりに対する不安・クリニックに直接相談しにくい内容も受け付けます。術後に相談できる場所があるのは、嬉しいポイントです。

\ほくろ除去ならTCB!/

春山クリニック

痛みが少ない施術

■ほくろ除去の料金一覧

メニュー名 料金

炭酸ガスレーザー

1個

5mm以下…4,800円

6mm以上…9,500円

切開法

6,000〜8,000円

※保険の適用・大きさ等で前後

 

■営業時間

●…9:00〜13:00 / 14:00〜18:00

▲…9:00〜12:00 / 13:00〜17:00

✖︎ ✖︎ ✖︎

 

基本情報
カウンセリング料 無料
アクセス JR「鹿児島中央駅」より徒歩7分
支払い方法 記載なし
電話番号 099-298-5029

※良性のほくろの場合は保険が適用できません

※表示価格はすべて税込です

 

春山クリニックの特徴

痛みへの配慮を重視

細かい針や専用器機を使い痛みやダメージを少なくするのが大きな特徴です。治療にあたってのリスクや注意点の説明、術後のアフターフォロー(手術後1~2週間後実施)などがしっかりしており、万一トラブルが起きても相談にのってくれるのが安心できるポイントです。

鹿児島三井中央クリニック

丁寧なカウンセリング

■ほくろ除去の料金一覧

メニュー名 料金

エルビウムヤグレーザー

1mm

6,600円

切開法 1mm

11,000円

 

■営業時間

10:00〜18:00

休診日は不定休なのでクリニックに確認

 

基本情報
カウンセリング料 無料
アクセス 市電「朝日通」電停前・「鹿児島市電」より徒歩1分
支払い方法 現金一括・クレジットカード・医療ローン
電話番号 099-805-2700

※自由診療のため、保険が適用されません

※表示価格はすべて税込です

 

鹿児島三井中央クリニックの特徴

丁寧なカウンセリング

完全予約制で待ち時間を感じることは少ないです。中野知治院長は患者との信頼関係を大切にし、不安なく治療してもらうためにカウンセリングをしっかり行ってくれる先生です。来院から施術終了までサポートを全力で行ってくれるでしょう。

セイコメディカルビューティクリニック

男性専用ルーム完備

■ほくろ除去の料金一覧

メニュー名 料金

イボ・ホクロ除去 1mm

(ふくらみのあるタイプ)

※電気分解法

4,400円

ホクロ除去 1ヶ所

(平坦なタイプ)

※電気分解法

3,300円

切除縫縮法 1mm

8,800円

 

■営業時間

10:00〜18:00

休診日は不定休なのでクリニックに確認

 

基本情報
カウンセリング料 無料
アクセス 「朝日通駅」より徒歩3分
支払い方法 現金・クレジットカード・デビットカード・院内ローン
電話番号 0990-219-3701

※自由診療のため、保険が適用されません

※表示価格はすべて税込です

 

セイコメディカルビューティの特徴

男性も通いやすい

セイコメディカルビューティクリニックは完全個室の治療室や、キッズルームなど、設備に力を入れています。なかでも、男性専用ルームを完備しているので、「女性の利用者が多い美容外科には行きにくな」という男性でも通いやすいです。

アリス形成外科クリニック

一人一人に合った診療

■ほくろ除去の料金一覧

メニュー名 料金

CO2エスプリ

(炭酸ガスレーザー)

3mm以下…4,400円

3〜5mm…6,600円

5〜8mm…8,800円

8〜10mm…11,000円

麻酔代

全顔…1,500円

頬鼻…1,000円

頬…800円

※テープ・軟膏処方別途

※保険診療も可能

 

■営業時間

●…9:30〜13:30 / 15:00〜19:00

▲…9:30〜13:30 / 15:00〜17:00

◆…9:30〜13:30(午後は手術・施術)

■…第2・4土曜のみ診察 9:30〜13:30 / 15:00〜17:00

✖︎ ✖︎ ✖︎

 

基本情報
カウンセリング料 初診料…3,000円
再診料…1,000円
アクセス 「騎射場駅」より徒歩11分
「荒田八幡駅」出口より徒歩8分
支払い方法 記載なし
電話番号 099-263-8008

※良性の場合は保険が適用されません

※表示価格はすべて税込です

 

アリス形成外科クリニックの特徴

患者さんに寄り添う

アリス形成外科クリニックは、経験豊富な形成外科専門医の資格を持つ女性の院長が診察してくれます。ひとりひとりの症状やお悩みに寄り添った診療を心がけています。

下川クリニック

ほくろの大きさに対して定額の料金

■ほくろ除去の料金一覧

メニュー名 料金

CO2レーザー

1個につき

2mm以下…5,000円

3mm以上…10,000円

5mm以上…20,000円

Qスイッチ

ルビーレーザー

1㎠あたり

10,000円

+処置代金1,000円

 

■営業時間

●…9:00〜13:00 / 14:00〜18:00

▲…9:00〜12:00

■…9:00〜13:00 / 14:00〜16:00

✖︎ ✖︎

 

基本情報
カウンセリング料 記載なし
アクセス 南国交通バス「吉野無線前」より徒歩3分
支払い方法 記載なし
電話番号 099-244-1200

※自由診療のため、保険が適用されません

※表示価格はすべて税込です

 

下川クリニックの特徴

経験豊富な医師が在籍

理事長はベテラン医師であり医学博士、院長や副院長も経験豊富です。病院の皮膚科ではほくろ除去の治療にも対応しており、QスイッチルビーレーザーとCO2レーザーを使用した治療を実施しています。

野崎クリニック

納得できる丁寧なカウンセリングが受けられる

■ほくろ除去の料金一覧

メニュー名 料金

炭酸ガスレーザー

6,000円〜

ほくろ切除

(くりぬき)

15,000円

ほくろ切除

(5〜10mm)

30,000円

 

■営業時間

9:00〜12:30・14:00〜18:00 (土曜のみ17時まで)

▲…水曜は午後休

✖︎ ✖︎

休診日は不定休なのでクリニックに確認

 

基本情報
カウンセリング料 -
アクセス 市電「谷山電停」より徒歩10分
支払い方法 現金・クレジットカード
電話番号 099-267-2322

※自由診療のため、保険が適用されません

※表示価格はすべて税込です

 

野崎クリニックの特徴

手術のすり合わせが丁寧

野崎クリニック丁寧なカウンセリングが受けられます。実現可能なこと・できないことをしっかり説明する方針のクリニックなので、施術する手術への納得感が高くなりやすいです。

鹿児島ラミュー美容形成外科クリニック

1度に複数個取れるメニューあり

■ほくろ除去の料金一覧

メニュー名 料金

エルビウム

ヤグレーザー

▼1mm…4,400円

▼3mm以下(3個まで)

16,500円

▼3mm以下(5個まで)

22,000円

▼3mm以下(10個まで)

※麻酔はほくろ1個で1,100円。10個まで5,500円

切除法 1mm

8,800円

 

■営業時間

●…10:00〜18:00

休診日は不定休なのでクリニックに確認

 

基本情報
カウンセリング料 無料
アクセス 鹿児島市電第1期線「天文館通電停」より徒歩1分
支払い方法 現金・クレジットカード・デビットカード・低金利医療ローン

※自由診療のため、保険が適用されません

※表示価格はすべて税込です

 

鹿児島ラミュー美容形成外科の特徴

複数個ほくろが取れる

鹿児島ラミュー美容形成外科クリニックのほくろ除去は、複数個同時にほくろを取ることができます。3個まで・5個まで・10個までと分かれており、1個単価だと範囲外の2〜3mmのほくろも除去可能です。

クリニックを決めきれないときの選び方

ここからは、記事上の「ほくろ除去できるクリニックの選び方」に加え、さらにチェックするといいポイントをご紹介します。

 

まだクリニックが絞りきれないと悩む方はぜひ参考にしてください。

複数回来院するなら通いやすさ

どのクリニックを選ぶが迷った際は、自宅・仕事場の最寄駅から通いやすいかで選ぶのがおすすめです。

 

特にレーザー治療は複数回の来院が必要な場合もあるので、アクセスが悪いと通うのが億劫になってしまう方もいますよ。

腕のいい医師を見つけたいなら口コミ・評判

評判のいいクリニックの口コミをチェックするのも、指標の1つになります。

 

ただ、ネット上の評判はあくまでも個人の感想です。悪意で虚偽の内容を記載しているケースもあるので、参考程度にとどめてください。

 

また、クリニックによっては名医と呼ばれる先生が在籍していることもあります。実績や症例写真・動画はホームページで確認してみましょう。

術後のアフターケアの充実さ

ほくろ除去を行うクリニックは、アフターケアの充実さもチェックしてみましょう。

 

24時間体制のカスタマーサポートがある、術後の検診・トラブル対応が無料など、クリニックごとに特色があるのでぜひ確認してください。

クリニック・医師の実態をカウンセリングで見る

ここまで様々な選び方をご紹介しましたが、極論実際に来院したい店舗・医師を見るのが早いです。

 

評判が良くても実際は悪徳の場合もあれば、名医と呼ばれる先生があなたの性格と合わない場合もありますよ。

 

積極的にカウンセリングを受けて、実態を見極めましょう。

編集部の画像

編集部

以下からは、悪徳クリニックの特徴※をご紹介します!

カウンセリングに来店した際にこれらの項目を見聞きしたなら、すぐ契約をしないで要検討してください。

※当てはまっているクリニックが必ず悪徳とは限りません。

 

【目次】 ※クリックすると見出しにジャンプします。

受付の対応が悪い

受付の対応が悪いクリニックは、悪徳美容整形クリニックの特徴と言われています。質のいいクリニックの受付は、対応が丁寧で雰囲気も明るい傾向です。

 

受付嬢同士の私語が多かったり、無愛想な対応をしたりするクリニックは要警戒しましょう。

施術の追加・グレードアップを迫る

カウンセリング中にオプションの追加を迫ったり、価格の高い施術にグレードアップさせたりするクリニックは悪徳の可能性があります。

 

カウンセリング本来の目的は、「患者さんにとって本当に必要な施術のすり合わせ」です。

 

「このメニューも一緒にやるのが人気」などの薄い理由で金額を上げようとする場合、ノルマ達成しか考えていない悪徳クリニックの確率が非常に高くなります。

医師のカウンセリング時間が短い

医師のカウンセリングの時間が短いクリニックは要注意です。

 

まれに、カウンセラーが施術メニューを決め、医師は施術の説明を数分行うだけのものを「カウンセリング」と称する美容整形クリニックがあります。

 

どんな施術をするかは、医師が患者を診て適したものを決めるべきです。医師にやっつけなカウンセリングをされた場合は、すぐに契約しないようにしましょう。

ほくろ除去の施術解説

こちらでは、ほくろ除去の施術方法について詳しく解説していきます。

 

■施術別の特徴

(施術名のタップで詳細紹介へ移動)

  ほくろの大きさ ほくろの盛り上がり ほくろの深さ ダウンタイム 傷跡リスク 再発リスク

ピコレーザー

or

Qスイッチ

1mm以下

平坦

浅い

腫れ・内出血・赤み

10日〜2週間

赤みが残る可能性が

あるが

基本目立ちにくい

ほくろの細胞組織を

完全に取り除くのは

難しく、術後1〜2ヶ月で

再発の可能性あり

炭酸ガスレーザー 4mm以下

平坦〜やや

盛り上がってる

浅い〜

やや深い

腫れ・内出血・赤み

10日〜2週間

赤みが残る可能性が

あるが

基本目立ちにくい

ほくろの細胞組織を

完全に取り除くのは

難しく、術後1〜2ヶ月で

再発の可能性あり

電気メス 6mm以下

平坦〜

盛り上がっている

浅い〜

やや深い

腫れ・内出血・赤み

2〜3ヶ月

傷がふさがりきらず

跡が残る可能性あるが

基本目立ちにくい

ほくろの細胞組織を

綺麗に除去できるので、

再発リスクは低い

切開 6mm以上

盛り上がっている

深い

腫れ・内出血・赤み

2〜3ヶ月

傷跡の盛り上がりや

凹みが出る可能性あるが

基本目立ちにくい

ほくろの細胞組織を

綺麗に除去できるので、

再発リスクは低い

 

※表は横スクロール可能です

4mm以下のほくろに炭酸ガスレーザー法

炭酸ガスレーザー法は、レーザーを照射してほくろの組織を蒸散させる施術です。4〜5mmの平坦であまり根が深くないほくろに適用されます。

 

 

■メリット① ダウンタイムが短い

炭酸ガスレーザーは皮膚表面のほくろ組織のみ蒸散するため、皮膚へのダメージが少なく、傷跡が残りにくいと言われています。ダウンタイム期間は10日間〜2週間です。

 

■メリット② 複数個のほくろが取れる

出血が少なく短時間で行えるので、一度に複数のほくろを除去可能です。取り放題メニューを取り扱っているクリニックも一部あります。

 

デメリット① 再発のリスクが高い

炭酸ガスレーザーは深部にあるほくろの細胞組織は除去できないため、再発のリスクは高くなります。再発する期間は1〜2ヶ月が多いです。あくまで「皮膚の表面しか削らない施術」と認識しましょう。

 

■デメリット② 傷跡が残る可能性あり

炭酸ガスレーザーは「傷が残らない」と言われる施術ですが、人によってはケロイド・火傷跡が残ってしまいます。絶対に残らないと過信はしないでください。

6mm以下のほくろに電気メス治療

電気メスを使用したほくろ除去は、熱を利用してほくろの表面を削り取り、ほくろの細胞組織を焼灼する施術です。

 

6mm以下の小さいほくろで、平坦〜盛り上がっている・根が浅い〜やや深いほくろに適用します。大きいほくろだと、傷跡が残りやすいです。

 

■メリット① 再発リスクが低い

電気メスの施術は、ほくろ細胞組織の取り残しを少なくできるため、レーザーに比べ再発リスクが低いと言われています。

 

■メリット② 手術が1回で済む

電気メスは、ほくろ除去の施術のなかでも1回の手術で済む場合が多いです。切開は抜糸が必要、レーザーはほくろの状態によって複数回の照射が必要になります。

 

デメリット① ダウンタイムが長い

電気メスは、赤み・内出血・くぼみなどのダウンタイムが2〜3ヶ月続く可能性があります。基本的に皮膚の再生を待つ形です。

 

小さいほくろに適用する施術なので、基本的に悪目立ちはしにくいです。ただ、回復の間不安を感じるポイントなので把握しておきましょう。

 

デメリット② 傷跡が残る可能性あり

電気メスでほくろを削り取ってできたくぼみがは、場合によっては塞がりきらず残ってしまう可能性があります。

 

ただ、大きく深いほくろでなければリスクは下げられます。心配な方は自分のほくろだとどれくらい傷が残りやすいかしっかり聞いておきましょう。

6mm以上のほくろに切開治療

切開法はメスで皮膚を切開して、ほくろとその周囲の組織を切除する施術です。直径6mm以上の大きく根が深い、盛り上がったほくろに適用します。

 

ほくろを除去したら皮膚を縫い合わせ、1〜2週間ほど経過したら抜糸をします。

 

■メリット① 再発リスクが最も低い

切開はほくろ除去施術のなかでも、ほくろの再発率が最も低い施術です。取り残しが許されない悪性のほくろを除去する際にも使われる方法なので、再発の低さも納得です。

 

デメリット① できる傷が長い

切開法は、除去するほくろの直径より3〜4倍の切開が必要で、傷が長くできてしまいます。

 

切開を長くするのは、縫い合わせる際に発生する「ドックイヤー変形」という皮膚の盛り上がりを防ぐためです。長く切開して盛り上がる部分をあらかじめ切り取ります。

 

デメリット② ダウンタイムが長い

切開法は、赤み・内出血などのダウンタイムが2〜3ヶ月続く場合があります。ほくろが大きほど傷が長くなり、その分症状も目立つので、人によっては経過に不安を感じるかもしれません。

 

デメリット③ 傷跡が残る可能性あり

切開法は、傷跡の盛り上がりや凹みが残る可能性があります。先ほど解説した長さのある切開を行い丁寧に縫い合わせれば、これらのリスクは減らせます。ただ、必ず起きないとは断言できないので、把握しおきましょう。

1mm以下のほくろにピコレーザー

ピコレーザーはシミ・そばかすなどの色素沈着に高いエネルギーを照射して、メラニン色素を砕きます。

 

ピコスポット・ピコトーニング・ピコフェイシャルと照射モードが分かれており、なかでもピコスポットは、1mm以下の平坦なほくろの除去が可能です。

 

■メリット① 肌へのダメージが少ない

ピコレーザーはほくろにピンポイントでレーザーを照射するので、正常な皮膚組織への損傷がほとんどないとされています。

 

術後に赤み・内出血・ひりつきなどの症状は出ますが、徐々に回復していく場合がほとんどなので心配はそこまで必要ないでしょう。

 

メリット② ダウンタイムが短い

肌へのダメージが少ないことから、ダウンタイムも必然的に短いです。1〜2週間で気にならなくなると言われています。仕事や学校で症状を隠すのが難しい方も、GWなどの長期休暇のタイミングで施術を受けやすいです。

 

デメリット① 1回で取れない可能性あり

ピコレーザーは小さいほくろしか施術しないため、ほとんど1回の施術で除去が完了すると言われていますが、場合によっては数回の照射をしないと除去できないときもあります。

 

ほくろの大きさや盛り上がりの有無によって左右しますので、カウンセリングで医師に診察をしてもらいましょう。

 

デメリット② 再発のリスクが高い

ピコレーザーは深部にあるほくろの細胞組織は除去できないため、再発のリスクは高くなります。再発する期間は1〜2ヶ月が多いです。あくまで「皮膚の表面しか削らない施術」と認識しましょう。

Qスイッチレーザーは肌損傷が大きい

ピコレーザーと似たレーザー治療に、Qスイッチレーザーがあります。黒い色素だけ選択的に反応して、組織細胞だけを破壊する治療法です。

 

ただ、ピコレーザーより熱ダメージが高く照射範囲が広くなってしまうので、熱による肌損傷が大きいと言われています。検討するならピコレーザーの方が後悔にくいでしょう。

ダウンタイムを短くできる過ごし方

ここからは、ほくろを除去した後に注意すべきポイントについて詳しく解説します。ほくろ除去を受ける前に、把握してきましょう。

洗顔やシャワーを控える

ほくろ除去治療を受けた当日は、シャワー・湯船・サウナなどの体温を上昇させる行為は控えましょう。内出血・腫れを増長してしまう可能性があります。

 

また、施術箇所が顔の場合、こすると腫れや内出血を引き起こす可能性もあるので、洗顔も控えてください。

 

一般的には翌日から入浴・洗顔が可能と言われますが、原則担当医師の指導に沿いましょう。

メイクを控える

ほくろ除去の施術は、傷口が塞がるまではメイクを避けるように指導されるのがほとんどです。レーザー・電気メス・切開でも差はあまりありません。

 

なお、ピコレーザーは施術直後〜翌日からメイクOKのクリニックもあります。

 

ただ、どの施術も強くこすると跡が残りやすくなるので、メイクが可能になっても擦らないように意識してください。

日焼けを控える・日焼け止めを塗る

ほくろ除去後の日焼けは絶対にNGです。紫外線を浴びると肌バリア機能が低下し、色素沈着・ほくろ再発のリスクを増長させます。

 

ほとんどのクリニックで、日焼け止めによる日焼けケアを指導されます。仕上がりを美しくするためにも、欠かさずケアを行ってください。

編集部の画像

編集部

帽子や日傘をプラスして、紫外線対策をより強化するのもいいですよ!

激しい運動を控える

ほくろ除去治療当日は、激しい運動をするのは避けるよう注意が入ります。

 

翌日になれば運動が可能とされていますが、傷口に細菌が入りやすい水泳・マリンスポーツは傷が塞がってからが推奨です。

 

他には、治療部位に刺激のあるスポーツも避けた方が経過が悪化しにくいですよ。

大量の飲酒や喫煙を控える

大量の飲酒や喫煙をすると、血液循環が良くなりすぎて出血・赤みが出る可能性があります。ほくろ除去治療当日の飲酒は避けてください。

ほくろ除去でよくある質問【Q&A】

ここでは、ほくろ除去の施術に関する気になる疑問や質問をご紹介します。

跡が残らないほくろ除去の方法はある?

残念ながら、どの施術法でも傷跡が残らない方法はありません。ほくろの除去には、レーザーやメスを使用するため傷跡や赤みはどうしても残ってしまいます。

 

ただ徐々に傷跡や赤みは薄くなるので、大きな傷跡が残る場合はあまりないと言えます。

ほくろ除去は失敗したり後悔したりしない?

ほくろ除去の失敗例としては、術後に赤み・黒ずみ・ほくろよりも大きな傷跡が残ってしまったケースが見られます。

 

失敗してしまった場合は、まずは施術したクリニックに相談してみるのがおすすめです。

 

また、術後のケアや、注意点を守らなかった場合で失敗したり後悔するケースもあります。医師から言われた術後のケアや注意点はしっかり守ってください。

カウンセリング当日の施術は可能?

ほくろ除去のように施術時間が短いものは、カウンセリング当日でも施術が受けられるクリニックが多いです。

 

ただ、予約状況によっては別日の施術になります。当日を希望する際はカウンセリング予約のタイミングで相談してください。

メンズ専門クリニックはある?

美容クリニックには、お顔のお悩みから薄毛治療・脱毛まで取り扱うメンズ専門クリニックが存在します。ほくろ除去の取り扱いも確認可能です。

 

女性が多いクリニックは行きづらいと躊躇する男性は、メンズ専門のクリニックがおすすめです。

 

10代〜シニア世代まで幅広い年齢の男性が通っているので、クリニックに通う抵抗感も薄まるはずですよ。

まとめ

今回は鹿児島県のほくろ除去ができるクリニックと選び方をご紹介しました。自分に合ったクリニックを見つけるためにも、まずは一度カウンセリングに足を運んでみましょう。ぜひこの記事を参考に、自分に最適なクリニックを見つけてください。

鹿児島のおすすめ記事はこちら

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年07月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ほくろ除去におすすめな広島の安いクリニック10選|保険適用について解説!評判のいいクリックは?

ほくろ除去におすすめな広島の安いクリニック10選|保険適用について解説!評判のいいクリックは?

美容整形
ほくろ除去におすすめな札幌の安いクリニック10選|保険適用について解説!評判のいいクリックは?

ほくろ除去におすすめな札幌の安いクリニック10選|保険適用について解説!評判のいいクリックは?

美容整形
ほくろ除去におすすめな東京の安いクリニック15選|評判のいいクリニックは?保険適用について解説

ほくろ除去におすすめな東京の安いクリニック15選|評判のいいクリニックは?保険適用について解説

美容整形
【2024年最新版】名古屋のほくろ除去ができるクリニック人7院

【2024年最新版】名古屋のほくろ除去ができるクリニック人7院

美容整形
熊本でほくろ除去ができる病院10院

熊本でほくろ除去ができる病院10院

美容整形
沖縄にあるほくろ除去クリニック【2024年版】

沖縄にあるほくろ除去クリニック【2024年版】

美容整形