千葉県のほくろ除去におすすめの人気クリニック3選【評判のいいところを紹介】

千葉県のほくろ除去におすすめの人気クリニック3選【評判のいいところを紹介】
ほくろやイボに悩む方におすすめなのがクリニックでのほくろ除去。目立つ部分にあるほくろはメイクでは隠し切れない場合も多いです。とはいえ、特徴が様々でクリニック選びは難しいですよね。そこで今回は千葉でおすすめのほくろ除去クリニックをご紹介。選び方のポイントも解説していきます!

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

ほくろ・いぼに悩んでいたらクリニックで除去がおすすめ

「顔や体の目立つ場所にあるほくろやいぼが気になる」「コンプレックスに感じている」といった方は多いでしょう。メイクで隠すことも簡単ではないため、どうしたらいいかわからないと悩んでいませんか?

 

ほくろやいぼは専門のクリニックで除去するのがおすすめです。除去の方法にはさまざまな方法があるため、きっと自分に合ったものが見つかるでしょう。しかし、ほくろやいぼを施術するクリニックは千葉県内に多くあるため、どこに行けばいいのか迷う方もいますよね。

 

この記事では、ほくろやいぼに悩んでいる方にクリニックを選ぶポイントを解説します。ほくろやいぼの種類や除去方法もご紹介したうえで、千葉県にあるおすすめのクリニックもご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【何が違う?】ほくろ・いぼには種類がある!

ほくろといぼの違いを知っていますか?なんとなく違いはわかるけど、しっかり考えたことがないという方もいると思います。除去方法やクリニックを紹介する前に、まずはふたつの違いを簡単に説明します。

 

「ほくろ」とは皮膚の良性腫瘍です。基本的には放っておいても問題はありませんが、紫外線や摩擦などの刺激を受けて大きくなることがあるため、見た目上で気になる場合は除去をおすすめします。悪性腫瘍の場合は、治療を受ける必要があります。

 

「いぼ」とは、皮膚が盛り上がったできものです。一般的に呼ばれるものとしては、尋常性疣贅(HPVウイルス感染)と脂漏性角化症(老人性疣贅)が代表的です。種類によっては身体の他の部位にうつる可能性があるため、早めの治療が望まれます。

ほくろ・いぼは除去した方がいいの?

ほくろは良性であれば害はありませんが、コンプレックスに感じている方も多いでしょう。ほくろの有無は顔の印象に影響を与えることもあり、コンプレックスを取り除けば気持ちの変化が生まれる方も多いです。

 

よく見られるいぼである尋常性疣贅と脂漏性角化症は良性腫瘍と呼ばれ、必ず取らなければならないものではありません。ただ、ほくろと同じように身体の目立つ部分にあるものは気になりますよね。

 

ほくろもいぼも悪性の腫瘍であれば除去する必要がありますが、良性の場合は除去する必要がありません。コンプレックスをなくしたい方や印象を変えたい方は、除去を検討してみてください。

ほくろはどうやって除去するの?|代表的な3つの方法

ほくろ・いぼを除去する方法は、レーザー・電気メス・切開が主流です。それぞれのメリット・デメリットを解説するので、どれが自分に合っているのかチェックしてみてください。

レーザー|小さなほくろにおすすめ

ほくろ除去のレーザー治療は、主に以下の3つが使用されます。それぞれにも特徴やメリット・デメリットがあります。

 

  • 炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
  • Qスイッチルビーレーザー
  • YAGレーザー

 

共通するメリットとして、レーザー治療は治療時間が短く複数のほくろを一気に除去できます。施術の際の出血も少なく、アフターケアも軟膏を塗って絆創膏を貼るだけなのでとても楽です。

 

しかし、再発の可能性が否めなかったり、根が深すぎるほくろや大きいほくろは除去できない場合があります。レーザー治療は、小さめで複数あるほくろにおすすめです。1mmのほくろを除去する場合のレーザーの相場は以下の通りです。

 

1mmサイズのほくろ・いぼの除去相場 5,000円〜10,000円

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

炭酸ガスレーザーは、ほくろやいぼに炭酸ガスを当てることで、細胞に含まれた水分が蒸散し瞬時にほくろやいぼを形成する組織を取り除ける施術です。膨らんだほくろやいぼ、首筋にあるいぼにも有効です。

 

炭酸ガスレーザーは、再発する可能性がゼロではないため注意しておきましょう。

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素へ選択的に作用するレーザーを用いて、ほくろを焼灼して除去する施術です。レーザーが組織の深い部分まで達するため、根があるほくろの除去ができるのがポイントです。

 

しかし、痛みやむくみが起こる場合があるデメリットがあるので注意しましょう。

YAGレーザー

YAGレーザーは、メラニン色素にのみ反応するため、ほくろをピンポイントで照射して除去する施術です。照射時の痛みが少なく、できはじめのほくろや色素が薄いほくろに有効です。

 

しかし、盛り上がったほくろや大きいほくろ、根が深いほくろには効果が出ない可能性があるので注意してください。

電気メス|痛みが少なく短時間で除去

高周波の電気メスを使ってほくろを除去する方法です。麻酔をすることで施術中の痛みが少なく、短時間で綺麗に除去することができるのが特徴です。除去した部分は数日間は保護テープでカバーする必要があります。

 

除去後2~3ヵ月程度は切除した部分が少し赤くなることがありますが、傷跡は徐々に目立たなくなります。また、稀に除去した部分にクレーターや色素沈着が残ってしまうことがあり、不安を感じる方は事前の診察で医師に相談すると良いでしょう。

 

3mmほどのサイズのほくろ・いぼに電気メスの施術はおすすめです。相場は以下の通りになります。

 

3mmサイズのほくろ・いぼの除去相場 4,000円〜6,000円

切開|大きなほくろ・悪性のほくろにおすすめ

切開法は医師がメスや円筒状の刃でほくろがある部分の皮膚を切り取り、再び縫合する施術です。「切開」というと痛そうなイメージがありますが、麻酔をすることで除去している間の痛みが軽減されます。

 

大きなほくろや盛り上がりのあるほくろがある方におすすめです。一度で根こそぎ取ることができるため再発の可能性が少ないため、悪性のほくろや悪性を疑うようなほくろにもおすすめです。

 

切開法は傷跡が残ってしまうのがデメリットです。また抜糸のために通院する必要があるため、時間と手間もかかってしまいます。6mm以上のサイズのほくろ・いぼには、切開法の施術がおすすめです。相場は以下の通りになります。

 

6mm以上のほくろ・いぼの施術相場 15,000円〜120,000円

ほくろ・いぼを除去できるクリニックの選び方

ここからは、ほくろ・いぼを施術できるクリニックの選び方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

通いやすさで選ぶ

ほくろを除去する場合、ほくろの大きさや除去方法によってクリニックに通う必要があります。「費用が安いから」と自宅から距離が遠いクリニックを選んでしまうと、交通費や通院時間がかかってしまうことも。自宅や職場から通いやすい場所を選びましょう。

 

また、クリニックによってはほくろ除去以外の施術を行うこともあります。ほくろ除去の他に気になる施術があったり、他の施術を受けることになった場合は、やはり距離の問題はネックになってしまいます。

 

通院の際は、車を使うか電車やバスを利用するかも重要なポイントです。車を使う場合は、駐車場が用意されているかチェックしましょう。電車を利用する場合は、駅から近いクリニックを選ぶと通うのも楽になるでしょう。

料金から選ぶ

ほくろ除去は悪性腫瘍に限らず、生活に支障があると認められる場合は保険適用となる場合があります。保険適用について相談することができるクリニックを選ぶことで、費用を抑えられます。しかし、美容目的と判断された場合は保険適用外になるので注意してください。

 

除去したいほくろの数や、ほくろの大きさによって除去方法を選べます。切開法は他の方法よりも費用が高くなります。場合によっては切開法を選ばなけれないけない方もいると思いますが、ご自身のお財布や予算と相談して決めましょう。

取りたい数が多いなら取り放題ができるクリニックを選ぶ

除去したいほくろやいぼの数が多い場合は、定額の料金を払って複数個の除去ができる取り放題がおすすめです。5mmや3mm以下のサイズで、5個〜10個まで除去できるプランのクリニックが多いです。

 

除去したいほくろが少ない場合は割高になる可能性もあるので、複数のクリニックの料金を比較して検討しましょう。

実績が豊富なクリニックを選ぶ

ほくろの除去には不安はつきものです。特にほくろ除去は専門的な知識と技術が必要なため、素人ではクリニックの良さを判断するのは難しいことも。ホームページで症例や医師の経歴を確認すると、医師がどれくらい実績があるかわかります。

 

また、院長や担当医のプロフィールに経歴やどのような分野が得意なのか記載しているクリニックもあります。

口コミやSNSで評判のいいクリニックを選ぶ

クリニック選びには、そのクリニックや医師の評判を確認することも大切です。施術中の対応や施術後の仕上がり、その後何もないかなど実際に施術を受けた方の意見をチェックすることで、より慎重にクリニックを選ぶことができます。

 

しかし、実際には施術を受けていないのに高い評価を書き込むサクラも存在します。高い評価と低い評価が極端な場合は、念のために避けておくのがおすすめです。

メンズの場合は「メンズ専門美容クリニック」をチェック

ほくろやいぼが気になる方は女性だけではありません。ほくろ・いぼを取りたいと考えているけど、女性が多い美容クリニックに行くのは気が引ける男性の方もいるでしょう。その場合は、メンズ専門美容クリニックがおすすめです。

 

10代からシニアまで通っているメンズクリニックもあり、男性の肌に向き合ってきた医師による施術は安心感も高いでしょう。また、カウンセリングから施術まで他の患者と顔を合わさないようプライバシーが管理されているクリニックもおすすめです。

千葉県でおすすめのほくろ除去クリニック3選

TCB東京中央美容外科 柏院

大手美容外科ならではの豊富なメニュー、技術と品質の高さ!

日本全国に展開しているTCB東京中央美容外科です。大手美容外科ならではの豊富なメニュー、技術と品質の高さで、ほくろ除去においても多くの実績を残しています。休診日は不定休となっており、毎日10:00~19:00まで診療を受けられます。

 

ほくろ除去は電気メスを使う電気分解法をおすすめしています。ほぼ1回の手術でほくろを除去できて通院の必要がないため、時間がない方におすすめです。料金はほくろの大きさによって異なるため、カウンセリングで確認しましょう。

 

再発の可能性が低く、大きなほくろやいぼを取ることができる切開法とくり抜いたほくろの良性・悪性の診断が行えるくり抜き法からも選べるので、自分にあった施術を見つけましょう。

所在地 千葉県柏市柏1-2-37 柏ちば興銀ビル6階 最寄駅 JR柏駅
診療時間 10:00~19:00 休診日 不定休
ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

共立美容外科 千葉院

老舗ならではの技術力と施術時間の短さが魅力!

共立美容外科は開院30年以上の歴史がある老舗の美容外科で、全国に26院を展開しています。千葉院はデザイナー設計の開放的な雰囲気の内装で、美容外科と歯科が併設されています。

 

ほくろ除去の施術法は院によって異なりますが、特にQスイッチヤグレーザーによるほくろ除去は技術力と施術時間の短さに定評があります。カウンセリング・アフターフォローともに無料です。

 

患者さんごとのほくろの状態に合わせた施術を提案してくれるため、大きなほくろや複数のほくろにお悩みの方、ほくろの除去跡が気になる方にもおすすめです。

所在地 千葉市中央区新町3-7 高山ビル6F 最寄り駅 京成・JR千葉駅
診療時間 10:00~19:00 休診日 年中無休

品川美容外科 千葉院

大手美容外科の強み!多くの実績を残しているクリニック

JR千葉駅から徒歩3分、電車移動が多い方に通いやすい場所にあるクリニックです。プライバシーを重視した待合室が用意されているので、美容クリニックに通うことを内緒にしたいという方におすすめです。

 

ほくろ除去方法は、電気メスと切開を採用しています。数多くの実績からほくろの状態を確認した上で一番適切な施術方法を提案してくれます。ビューティーメンバーズクラブに入会すると、20%〜30%オフの値段で施術を受けられてお得です。

 

麻酔・針等は別途代金が発生するため、クリニックに確認しましょう。

所在地 千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー6F 最寄駅 JR千葉駅
診療時間 10:00~20:00 休診日 年中無休

後悔しないために無料カウンセリングを受けよう

ほくろやいぼの除去施術を受けた方の中には、除去した箇所が凹んだり、傷跡が残ってしまったといった施術を後悔してしまったケースがあります。失敗の原因には、炭酸ガスレーザーや電気メスの施術は凹みやすかったり、医師の技術力不足といったことも。

 

施術を後悔しないためには、無料カウンセリングで医師の対応や施術の際のメリット・デメリットをしっかり確認しておきましょう。カウンセリングでの医師の対応が丁寧だと、施術の際の対応も丁寧な傾向があります。

 

無料カウンセリングは一つのクリニックだけ受けるのではなく、複数のクリニックを受けてどこのクリニックが丁寧なのか比較検討しましょう。

ほくろ・いぼ除去は皮膚科と美容外科どっちがいい?

ほくろ・いぼ除去は、皮膚科と美容外科のどちらでも施術できるので迷ってしまう方もいるでしょう。皮膚科と美容外科では治療する目的や施術方法が違います。

皮膚科|ほくろやいぼを疾患部として治療

皮膚科での治療の目的は、ほくろやいぼを疾患部として治療します。皮膚科では、見た目が美しくなることよりも再発させないことを第一に切開法とくり抜き法の主に2つから施術法を選べます。

 

美容目的だと判断されなかった場合のみ保険が適用されるので、事前に保険適用されるかどうか医師に確認しましょう。

美容外科|保険適用されず仕上がりの美しさを追求する治療

美容外科での治療は、施術後の仕上がりの美しさに重点を置いてくれます。傷跡を残しにくくしてくれる施術が多いので、ほくろやいぼがコンプレックスだと感じて除去したい場合は美容外科がおすすめです。

 

美容外科では、傷跡が残りにくいレーザーや電気メスを採用しているクリニックが多いです。また、他の美容施術も一緒に受けたい方は美容外科がおすすめです。一緒に施術を受けることで割引になるクリニックもあります。

気になるクリニックはありましたか?

いかがでしたか。ほくろやいぼはさまざまな除去方法があり、皮膚科や美容外科でも変わります。コンプレックスを取り除くことで、悩みが気にならなくなるメリットがあります。まずはカウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年02月16日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】広島でほくろ除去ができる人気クリニック12選

【2023年最新版】広島でほくろ除去ができる人気クリニック12選

ほくろ除去
ほくろ除去で人気の札幌のクリニックおすすめ8選【2023年最新版】

ほくろ除去で人気の札幌のクリニックおすすめ8選【2023年最新版】

ほくろ除去
【2023年度最新版】横浜でほくろ除去ができる人気クリニック【評判のいい病院は?】

【2023年度最新版】横浜でほくろ除去ができる人気クリニック【評判のいい病院は?】

ほくろ除去
ほくろ除去におすすめな東京のクリニック15選【評判のいいクリニックを紹介】

ほくろ除去におすすめな東京のクリニック15選【評判のいいクリニックを紹介】

ほくろ除去
【2023年最新版】名古屋のほくろ除去ができるクリニック人7院

【2023年最新版】名古屋のほくろ除去ができるクリニック人7院

ほくろ除去
沖縄にあるほくろ除去クリニック【2023年版】

沖縄にあるほくろ除去クリニック【2023年版】

ほくろ除去

アクセスランキング

【大阪】ほくろ除去が受けられる美容クリニック8院のサムネイル画像

【大阪】ほくろ除去が受けられる美容クリニック8院

ほくろ除去
神戸のほくろ除去クリニック13院【気になる保険適用条件も解説】のサムネイル画像

神戸のほくろ除去クリニック13院【気になる保険適用条件も解説】

ほくろ除去
【2023年度最新版】宇都宮でほくろ除去ができるクリニック6院【評判のいい病院は?】のサムネイル画像

【2023年度最新版】宇都宮でほくろ除去ができるクリニック6院【評判のいい病院は?】

ほくろ除去
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。