【2023年最新版】仙台のほくろ除去クリニック【人気4選】

記事ID36024のサムネイル画像
お顔や身体の気になるところに「ほくろ」がある方にとっては、「クリニックでのほくろ除去」は気になるものではないでしょうか。基本的には「レーザー」での除去になります。今回は特に仙台市に特化してご紹介していきたいと思います。ご期待ください。

「クリニックでのほくろ除去」とは

お顔などで目立つほくろやお身体で気になるほくろでお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。メラニン色素を含んだ細胞・メラノサイトが集まってできた黒や茶色のものを「ほくろ」と呼び、その部分の皮膚が盛り上がったものが「いぼ」と呼ばれます。

 

たとえばお顔に大きなほくろがある、あるいはほくろの数が多く、鏡を見るたびに憂鬱になるといった方もいらっしゃるでしょう。大丈夫です。取り除けます。しかも安心の医療機関で。お値段はピンからキリまでですが、お手頃価格のクリニックも存在します。

 

今回は、仙台市内の「ほくろ除去」の施術をしてくれるクリニックの選び方と、人気おすすめクリニックをご紹介します。おすすめクリニックの基準は価格、施術内容、アクセスのしやすさなどで選びました。仙台市内のクリニックでのほくろ除去で、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

「クリニックでのほくろ除去」の選び方

ここでは仙台市内でほくろ除去の施術を実施しているクリニックの選び方をさまざまな面からご紹介いたします。さっそく見ていきましょう。

「費用」で選ぶ

なにはともあれ、「費用」という点は大事な要素ではないでしょうか。施術方法などにもよりますが、お小遣い程度の費用で済むクリニックから、少しがんばって貯める程度の費用のところなど、クリニックにもよりますし、ほくろの大きさ・数、施術内容にもよります。

 

クリニックによっては、「モニター体験」や「キャンペーン」などでたとえば料金が半額になるといったところも見受けられます。「安かろう悪かろう」ではお話になりませんが、クオリティも担保し、なおかつリーズナブルであれば、検討の余地もあるのではないでしょうか。

 

ご自分のお財布と相談することはもちろん、ほくろの状態や施術内容とのバランスも見ていかなければなりません。またクリニック同士を比較検討することも必要になってくるでしょう。費用の面でも、ご自分が納得する形での実行にしましょう。

「カウンセリングの内容」で選ぶ

クリニックによっては、初回のカウンセリングを無料で行っている所も多いです。カウンセリングでは、とにかくご自分の仕上がりなどの希望をできるだけ詳しく伝えて、クリニック側の施術方法やアフターケアなどの説明とすり合わせていくことが大切です。

 

大事なご自分の皮膚です。妥協したり適当に考えたりしないようにしましょう。納得するまでカウンセリングで話し合いましょう。逆に言うと、カウンセリングを軽く済ませてしまうようなクリニックでの施術は控えたほうが無難ではないでしょうか。

 

 クリニックによっては、LINE上での相談やWeb上のチャット形式での相談など直接対面以外の相談を受け付けているところもあります。クリニックからご自宅が遠い方や対面での相談が苦手な方などはそういった相談方法も一考の価値があるのではないでしょうか。

「施術方法」で選ぶ

クリニックによっては、取り扱っている施術方法の種類や数などが異なります。その施術方法の取り扱いによりご自分の希望に合ったクリニックを選ぶのも大切です。

炭酸ガスレーザー

「炭酸ガスレーザー」は、ほくろにレーザーを当てて皮膚の水分を蒸発させて、ほくろの細胞組織を焼き切って取り除いていく施術方法です。特にたとえばお顔まわりの小さめの、具体的には約6mm未満のほくろの除去に向いているといえます

 

この「炭酸ガスレーザー」は、レーザー光をほくろに対してピンポイントで当てるので、ほくろのまわりの皮膚を比較的傷つけずにほくろを取り除くことができます。そのため、施術後にあとが残りにくいということがこの施術方法のメリットです。

 

後述の炭酸ガスレーザー以外の施術方法でも同様ですが、これらの施術方法の前には一般的に局所麻酔を打ちます。そのため痛みは少なくて済みます。記事中で施術前の麻酔について詳しくご説明していますので、そちらをご参照ください。

電気メス

ほくろの中には、そのほくろ部分が盛り上がったものがありますが、そういったほくろには「電気メス」が向いています。「電気メス」はほくろ部分の細胞組織を高周波のメスで削り取る施術方法です。メリットは施術が比較的短時間で済むことです。

 

ただし、施術後に赤みが出ることがあり、一度に狭い範囲のたくさんのほくろを、電気メスで除去すると、その赤みが目立ってしまうこともあります。また個人差はあり、ごくまれではありますが、施術後に色素沈着やクレーターができることがあります。

 

またこの「電気メス」という施術方法に対応しているクリニックにもよりますが、対応しているほくろの大きさはおおよそ5〜6mm以下となっています。回数としては多くのクリニックで1回〜2回で除去できます。費用は他の施術方法に比べると安く済みます。

切開術

この施術方法は、大きなほくろや皮膚の中深くに埋もれているほくろなどの除去に向いています。また美容的な意味合いのほくろ除去にも対応はしていますが、たとえばほくろには「悪性」のものもあり、そういったほくろもこの方法で切除できます。

 

またこの方法は、ほくろの部分を切り取ってまわりの皮膚を少し寄せて縫い合わせる方法です。つまりは、傷口を皮膚の中に溝ができるような感じで埋め込ませるので、皮膚を解剖学的に熟知したドクターの施術のほうがおすすめです。

 

メリットはほくろを完全に取り除くので再発の可能性が低いことと、ほくろ部分を完全に取り出すことによって検査に提出でき先述の「悪性」か「良性」かを診断できることなどです。デメリットとしては、縫合するので抜糸が必要なことです。

くり抜き法

「くり抜き法」とは、メスを使ってほくろを円形状にくり抜く方法です。くり抜いたあとは、同じくメスを使う「切開術」とは異なり、縫合はしません。ただし大きめなほくろをくり抜いたあとは、そのあとを糸で巾着状に処理しておくこともあります。

 

ほくろの大きさは一般的には、5mm〜6mm以下のものに対応しています。この方法のメリットは、「切開術」と同様ほくろごと皮膚の深部からくり抜くので再発はしないことと、一般的には縫合しないので、また糸を使っても切開術での縫合とは違ってあとが残りにくいことです。

 

デメリットとしては、あとがドーム状に盛り上がったり逆にへこんだ感じになったりすることと、先述しましたが5mm〜6mmを超えるような大きなほくろには対応できないことです。なぜなら大きなほくろをこの方法で除去するとケロイド状になったりするからです。

「自宅から通いやすいクリニック」を選ぶ

ほくろの除去には何回かかかる場合も多いです。そんな時自宅からでも通勤先・学校からでも通いやすいに越したことはないのではないでしょうか。自宅などから近ければ良いでしょうが、その他にも駅から近かったり、アクセスの良さも大事なファクターです。

 

仙台市内の、この記事でご紹介しているクリニックで言えば、JR仙台駅東口西口やJR仙石線あおば通り駅、宮城交通のバスの停留所などから徒歩で5分以内のクリニックが多いと言えます。「駅チカ」はクリニック選びの際のポイントともなりえます

 

ただし車で通いたい方は、駐車場があるクリニックは少ないので、クリニック周辺の有料パーキングをご利用ください。仙台市ぐらい大きな都市では車より電車やバスなどの公共交通機関での移動が多いと思われますので、あまり問題ではないとは思います。

仙台のクリニックでのほくろ除去の人気おすすめ4選

女性スタッフの多さも安心の秘訣

施術のときの痛みや施術のあとの患部の腫れを軽減する施術方法を採用しています。また女性スタッフが多く、安心してカウンセリングや施術を受けられます。LINE相談やWeb予約も24時間受付中なので思い立ったらすぐ行動に移せます。

メニュー・料金 くり抜き法1mmあたり税込10,200円、電気メスによる表面分解法は2mm以下税込4,980円、レーザー除去法は1mm以下税込4,980円 施術方法 くり抜き法、電気メスによる表面分解法、レーザー除去法
診療時間 月曜日〜日曜日/10:00〜19:00 休診日/不定休 アクセス JR仙台駅西口から徒歩5分
ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

セカンドオピニオンにも積極的

愛知県の「藤田医科大学」と提携してセカンドオピニオン外来なども実施しており、地域の医療の中核を担っています。電気メスによるアブレーションと切開術を施術方法としており、カウンセリング時点で選ぶことができます。

メニュー・料金 アブレーション1mmごと1回税込5,500円、切除縫合1mmごと1回税込8,800円 施術方法 電気メスによるアブレーション、切除縫合
診療時間 月曜日〜日曜日/10:00〜19:00 休診日/無休 アクセス JR仙石線あおば通り駅から徒歩1分

仙台駅より徒歩1分のアクセス抜群の立地

「共立美容外科」は創立が1989年と老舗中の老舗です。長年のノウハウからその施術には定評があります。また駅から徒歩1分とアクセスも抜群です。丁寧なカウンセリングが特徴で、施術方法は電気メス、レーザー、その2つのブレンド法とあります。

メニュー・料金 電気メスは税込8,800円、レーザーは税込13,200円、ブレンド術は1個目が税込16,500円 施術方法 電気メス・レーザー
診療時間 月曜日〜日曜日/10:00〜19:00 休診日/年中無休 アクセス JR仙台駅東口から徒歩1分

会員価格では一般の20%オフ

独自の会員制度があり、会員になると一般価格の20%オフで施術が受けられます。また施術後の通院や投薬などのほとんどのアフターケアを無料で受けられます。施術方法は電気メスと切開術の2種類があります。

メニュー・料金 電気メスは一般1mmあたり税込5,250円会員価格税込4,200円、切開術は一般1mmあたり税込9,450円会員価格税込7,560円 施術方法 電気メス、切開術
診療時間 月曜日〜日曜日/10:00〜19:00 休診日/不定休 アクセス 地下鉄南北線広瀬通駅東1番出口から徒歩3分

施術前の麻酔の痛みは?

気になるのが、施術前の麻酔時の痛みではないでしょうか。痛みには個人差はありますが、皮膚の厚い箇所たとえば手の平や足の裏や鼻などは太い針の注射、逆に皮膚の薄い箇所たとえばまぶたなどは細い針の注射です。やはり太い針のほうが一般的には痛いです。

 

しかし、痛みをたとえるなら爪で皮膚をつねる程度で済みます。どうしても我慢できないほどの痛みではありません。つねると痛いところは注射も痛いです。ほくろぐらいの大きさなら、麻酔の注射の時間は10秒ほどで終わります

 

笑気麻酔ならば痛くないという説もありますが、絶対的な説ではありません。こちらも個人差があります。また麻酔の注射を打つ前に麻酔クリームなどを塗りますが、麻酔薬が注入されるときが痛いので、あまり効果はないとも言えます。

「施術内容」を知る

この記事の中でもいくつかご紹介してまいりましたが、クリニックごとに施術内容に違いがあります。またほくろの大きさや種類によっても施術方法が異なります。代表的なものは「レーザー」でしょうが、同じレーザーでも「炭酸ガスレーザー」などもあります。

 

また「電気メスでの除去」や「切開術」、「高周波ニードル」などもあります。それぞれに特徴があり、その施術方法に向いているほくろの種類もあります。また「ダウンタイム」と呼ばれる施術後から施術前と変わらない状態に戻るまでの時間もあります。

 

そのダウンタイムの長短も考慮に入れて考えましょう。一般的にダウンタイムで多いのは、ほくろの種類や施術方法によって、個人差はありますがだいたい1ヶ月〜2ヶ月ぐらいです。その間は痛みやかゆみ、腫れなどが出る場合があります。

施術後の「跡残り」は?

ほくろ除去の施術後の跡残りも気になるところです。そこは施術方法にもよります。ほくろ除去の施術には「ダウンタイム」と呼ばれる施術後から腫れや痛みが引いて元に戻るまでの期間というものがあります。

 

このダウンタイムは個人差がありまた施術方法によっても違ってくるので、一概には言えないのですが、おおよそ1ヶ月〜6ヶ月ぐらいです。最もダウンタイムが短いのが「炭酸ガスレーザー」です。これが約1ヶ月です。

 

一方「くり抜き法」や「切除縫合法」など皮膚を切る方法では、ダウンタイムが約3ヶ月〜6ヶ月と炭酸ガスレーザーよりは長いです。しかしあくまでもこれらのダウンタイムは目安です。先述しましたが、個人差もあればほくろの大きさや種類にもよります

仙台市に「ほくろ除去し放題」のクリニックはある?

全国的言うと「ほくろの除去し放題」プランを謳っているクリニックがあります。しかし仙台市内では、残念ながら「ほくろの除去し放題」プランを実施しているクリニックはありません。ただし数の多いほくろに対応しているクリニックはあります。

 

数の多いほくろの除去に対応している代表的なクリニックは、「共立美容外科 仙台院」です。数の多いほくろの除去にしてはリーズナブルな価格で施術を行っています。今年33年目の老舗でもありますので、ノウハウもあり安心です。

ほくろ除去は自分でできる?

ここではクリニックでのほくろ除去をご説明しているのですが、では自分でほくろの除去はできるのでしょうか。「ほくろ除去ペン」なるものが出回っているようですが、結果から申しますと失敗することが多いです。

 

また「ほくろ除去用のもぐさ」というものも存在します。こちらは先述の「ほくろ除去ペン」よりは成功率は高いもののやはりそこは個人差があると思われますので、「ほくろ除去ペン」同様、クリニックでのほくろ除去をおすすめします。

 

「ほくろ除去ペン」も「ほくろ除去用のもぐさ」もどちらもほくろに熱を与えてほくろを除去するようですが、どちらかと言うとペンよりはもぐさのほうが温度が低く、そのため成功率が高いようです。ペンは結構な温度の熱を加えるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。お顔や身体のほくろでお悩みの方の一助になれれば幸いです。仙台市内でホクロ除去を実施しているクリニックは全国的に見るとやや少ないかも知れませんが、質の高い施術を行っているところもたくさんあります。まずはカウンセリングへ。

仙台の施術ごとおすすめクリニック

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】広島でほくろ除去ができる人気クリニック11選

【2023年最新版】広島でほくろ除去ができる人気クリニック11選

ほくろ除去
ほくろ除去で人気の札幌のクリニックおすすめ8選【2023年最新版】

ほくろ除去で人気の札幌のクリニックおすすめ8選【2023年最新版】

ほくろ除去
ほくろ除去 銀座 おすすめ

ほくろ除去 銀座 おすすめ

ほくろ除去
ほくろ除去におすすめの人気のクリニック7院【評判のいいクリニックはどこ?】

ほくろ除去におすすめの人気のクリニック7院【評判のいいクリニックはどこ?】

ほくろ除去
ほくろ除去におすすめな東京のクリニック8選【2023年最新版】

ほくろ除去におすすめな東京のクリニック8選【2023年最新版】

ほくろ除去
【2023年最新版】名古屋のほくろ除去ができるクリニック人気おすすめ7院

【2023年最新版】名古屋のほくろ除去ができるクリニック人気おすすめ7院

ほくろ除去

アクセスランキング

ほくろ除去におすすめの人気のクリニック7院【評判のいいクリニックはどこ?】のサムネイル画像

ほくろ除去におすすめの人気のクリニック7院【評判のいいクリニックはどこ?】

ほくろ除去
【大阪】ほくろ除去がおすすめの人気美容クリニック8院のサムネイル画像

【大阪】ほくろ除去がおすすめの人気美容クリニック8院

ほくろ除去
神戸でおすすめのほくろ除去クリニック13院【気になる保険適用条件も解説】のサムネイル画像

神戸でおすすめのほくろ除去クリニック13院【気になる保険適用条件も解説】

ほくろ除去
ほくろ除去 銀座 おすすめのサムネイル画像

ほくろ除去 銀座 おすすめ

ほくろ除去
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。