1. 1位

    目上の方へ贈る場合の、のしの表書きは「暑中御伺い」「残暑御伺い」

            「お中元特集」はこちら!

  2. 2位

    目上の人に靴や靴下、スリッパなどの履物を贈ってはいけない

  3. 3位

    インターネット注文で贈る場合は、ハガキや手紙を別送する

            「お中元特集」はこちら!

  4. 4位

    喪中の時に贈る場合は、のし紙や水引はつけない方がよい

  5. 5位

    筆記用具や時計は贈らない方がよい

            「お中元特集」はこちら!

  6. 6位

    東日本は7月初め〜中頃、西日本は8月初め〜8月中頃に贈るのが一般的

  7. 7位

    一年限りのお中元を贈ることになった場合はのし紙の表書きを「お礼」「心ばかり」として贈る

            「お中元特集」はこちら!

  8. 8位

    喪中の時に贈ってもよい

    (但し、初七日が終わらぬ うちや、法要の日に持参するのはやはり避けた方が良い)

  9. 9位

    のし紙の水引は赤金(5本か7本)、結びは花結び(蝶結び)

            「お中元特集」はこちら!

  10. 10位

    期間内に贈れなかった時の、のしの表書きは「暑中御見舞」「残暑御見舞」とする