いよいよ師走…2019年「ユーキャン新語・流行語大賞」を大予想!

「えっ、もう年末!?」と衝撃を受けるイベントといえば、「現代用語の基礎知識 選『2019ユーキャン新語・流行語大賞』」。2019年度も11月6日に30のノミネート語が発表され、今は12月2日の発表を待つばかり。そこで「goo+dランキング」は、年間大賞とトップテンを独自予想してみました!

参考:現代用語の基礎知識 選「2019ユーキャン新語・流行語大賞」

文句なしの1位はもちろん…?

年間大賞の予想に使用したデータは、ポータルサイト「goo」での検索回数(データ抽出期間:2019年1月1日~10月31日)。30のノミネート語について、検索回数が多い順にランキングを作成しました。さて、注目の1位は?



1位は「◯◯ペイ」!
スマートフォンを使ったキャッシュレス決済のイメージを見事に表現した言葉「◯◯ペイ」。10月1日の消費税率引き上げを受け、今も至る所で耳にします。そこで、現時点でのサービス数を数えてみたところ、スマートフォン以外のモノを入れるとなんと10種類以上。さすがに多すぎる気もしますが、やっぱり年間大賞はこれでキマリ?

2位も納得?の「令和」
予想通りの結果ですよね。新元号として発表された4月1日、瞬く間に日本中を湧き立たせたパワーある言葉です。4月24日付の「goo+dランキング」によると、「令和」と併せて検索されたキーワードの上位は「意味」「万葉集」。新語としても高い関心を集めた状況がうかがえます。トップテン入りは間違いなさそうです。

3位は話題をさらった「あな番(あなたの番です)」!
4月14 日~9月8日まで日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ「あなたの番です」(あな番)。「新婚夫婦が交換殺人ゲームに巻き込まれる」という衝撃的なストーリーが話題を呼び、放送を重ねるごとに話題を集めました。こちらもトップテン入りはほぼ確実かも。

「あな番」視聴者がネットで調べたことって?

「あな番」人気の深堀調査には「dメニュー」の検索ログを使用(データ抽出期間:2019年4月7日~9月15日)。「あな番」「あなたの番です」と併せて検索されたキーワードを抽出し、ユーザーが何を知りたかったのかをランキング化してみました!



1位は「最終回」!
演技派&個性派俳優と綿密で先が読めないストーリー。放送開始当初はやや地味に思えた「あな番」でしたが、回を重ねるごとに人気上昇。テレビ専門紙によると、最終回の視聴率19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、日テレ系日曜ドラマ枠始まって以来の数字だったそうです。

一方で、先が知りたい人たちも増加。2位「考察」、3位「ネタバレ・ねたばれ」、5位「予想」と、ガマンできない人たちがネットで盛り上がったようです。これを反映して、4位は「Twitter・ツイッター」に。意味ありげなハッシュタグや俳優たちの舞台裏写真などファン必見のTwitterをはじめ、インスタグラム、LINEアカウントと、SNS戦略は見事の一言でした。

ちなみに「goo」を運営するNTTレゾナントは「AI菜奈ちゃん」でコラボ。多くの方にお楽しみいただきました!

山あり谷ありの2019年、笑って次の年へ!

「そんなこともあったなあ」と、1年を一気に思い出すことができる「ユーキャン新語・流行語大賞」。2020年のこの時も、平和で健康に迎えたいものです。言葉は人の世を映す鏡、楽しく幸せな言葉が一つでも多く流行することを祈りたいですね!

データ提供:dメニュー検索数集計結果より(期間:2019年4月7日~9月15日)

つづきを読む

ランキングに参加しよう!

CMシリーズが印象に残った商品・ブランドは?

投票受付期間:2020/02/03 11:00 ~ 2020/02/17 10:59

投票します。よろしいですか?