最新曲『U.S.A.』で再ブレイク! DA PUMPの秘密に迫る

1990年代後半から2000年代前半にかけて、歌とダンスの卓越したパフォーマンスによって人気を集めた「DA PUMP」。
その後はメンバーの脱退や加入などもあり、メディアへの露出が減っていましたが、今年6月に発売された約3年半ぶりとなるシングル『U.S.A.』のPVがYouTubeにアップされると、SNSなどで「ダサかっこいい!」と話題に。PVの再生回数が1億回(10月29日現在)を突破するなど、驚異的な人気を集めています。
そこで今回は、DA PUMPについて掘り下げてみました。

DA PUMPの現在はどうなってる?

DA PUMP は、1997年にシングル『Feelin' Good ~It's PARADISE~』でデビューした沖縄出身のダンスボーカルユニット。デビュー翌年の1998年から5年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場するなど、日本を代表するグループにまで成長しました。

デビュー当時のメンバーは安室奈美恵やSPEEDを輩出したことで知られる「沖縄アクターズスクール」出身の4人でしたが、その後はオリジナルメンバーの脱退や活動休止など紆余曲折を経てリーダーのISSAのみが初期メンバーとして残り、現在の7人編成になりました。

「DA PUMP」の検索数が急上昇したのはいつ?

まずはじめに、「DA PUMP」での検索がどの時期に増えていたのかを、dメニューの検索ログで確認してみましょう。検索期間は『U.S.A.』の動画がYouTubeで公開された5月16日を含む、2018年5月14日~10月3日です。


最初に検索数の上昇が見られたのは、6月4日の週でした。これは6月6日に『U.S.A.』が発売されたこと、発売当日や6月9日に各地で発売を記念したミニライブや握手会が開催されたことなどが理由のようです。
久しぶりのシングル発売とあって、イベントの模様はテレビをはじめとする各メディアに取り上げられましたが、こちらの影響も大きそうですね。

検索数のピークを迎えたのは、7月23日の週でした。この週には、7月25日に放送された『2018 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ)にDA PUMPが出演し、モーニング娘。'18とのコラボで『U.S.A. FNSスペシャルver.』を披露して注目を集めました。


また同じ週の7月28日には、『SONGS』(NHK総合)でも『U.S.A.』をはじめとする4曲を披露しています。このようにメディアへの露出が増えたことが、検索数が多かった理由のようですね。


「DA PUMP」を含む検索ワードはどんなものが多い?

ここからは、「DA PUMP」を含むどんな検索ワードが多く調べられていたのかをランキング形式で見ていきましょう。検索期間は同じく2018年5月14日~10月3日です。

1位 usa
2位 動画
3位 メンバー
4位 youtube
5位 usa 動画
6位 新曲
7位 yori
8位 issa
9位 kenzo
10位 usa 歌詞

ランキングを見ていくと、1位の「usa」や2位の「動画」など、半数以上が、最新曲『U.S.A.』関連の検索ワードでした。
先ほどもお伝えしたとおり、『U.S.A.』はYouTubeの再生回数が多く、YouTubeの「Japan楽曲ランキング」では発売から4カ月以上過ぎた今も1位に君臨して注目度の高さを見せつけています(10月25日現在)。今回のランキングは、これを裏付けるものと言えるでしょう。

上位三つの検索ワード、検索数推移は?

続いて検索数ランキング上位三つの検索ワードについて、検索数推移を見ていきましょう。


1位「usa」の検索数ピークは、9月10日の週でした。
こちらは9月12日に発表された「Billboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”」で『U.S.A.』が通算11度目の1位を獲得したことや、同曲を披露した番組『うたコン』(NHK総合)の「“半分、青い。”と昭和歌謡!“朝ドラ”名曲SP」回が、台風21号の影響で放送延期になっていた関西地方で9月14日に放送されたことが、検索数増につながったようですね。

2位「動画」は、翌週となる9月17日の週に最も検索数が増えていました。
9月17日にはDA PUMPが出演した『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』(テレビ朝日)が放送されていますが、彼らのパフォーマンスを見た人が「もう一度動画で見たい!」と検索したのではないかと推測されます。


3位の「メンバー」は7月23日の週に最も検索数が増えていましたが、こちらは先ほどもお伝えした7月28日放送の番組『SONGS』内で、現メンバーたちがDA PUMPへの熱い想いを語るインタビュー映像が流れた影響がありそうですね。

16年ぶりの紅白出場も? 今、DA PUMPから目が離せない!!

今回は、最新曲『U.S.A.』のPVがSNSなどで話題になり、久しぶりに世間の注目を集めることとなったDA PUMPについて検証してみましたが、いかがだったでしょうか?
もう間もなく年末の名物番組『NHK紅白歌合戦』の出場者が発表される時期ですが、今年の注目度を考えればDA PUMPが2002年以来16年ぶりの出場を果たす可能性は十分にありそうです。今後の展開から目が離せませんね。

写真:タレントデータバンク
DA PUMP|ミュージシャン)

データ提供:dメニュー検索数集計結果より(期間:2018年5月14日~10月3日)

つづきを読む

ランキングに参加しよう!

ラノベ原作アニメ最強のチート主人公は?

  • 東城刃更『新妹魔王の契約者(テスタメント)』

    投票
  • 望月冬夜『異世界はスマートフォンとともに。』

    投票
  • ディアブロ(坂本拓真)『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』

    投票
  • 草薙護堂『カンピオーネ ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~』

    投票
  • シン=ウォルフォード『賢者の孫』

    投票
  • 兵藤一誠『ハイスクールD×D』

    投票
  • 里見蓮太郎『ブラック・ブレット』

    投票
  • 司波達也『魔法科高校の劣等生』

    投票
  • モモンガ/アインズ『オーバーロード』

    投票
  • 上条当麻『とある魔術の禁書目録』

    投票
  • 天霧綾斗『学戦都市アスタリスク』

    投票
  • リナ=インバース『スレイヤーズ』

    投票
  • 葵・トーリ『境界線上のホライゾン』

    投票
  • 灰村諸葉『聖剣使いの禁呪詠唱』

    投票
  • カゼハヤ・カミト『精霊使いの剣舞』

    投票
  • 相良宗介『フルメタル・パニック!』

    投票
  • グレン=レーダス『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』

    投票
  • ルクス・アーカディア『最弱無敗の神装機竜』

    投票
  • 平賀才人(サイト)『ゼロの使い魔』

    投票
  • ライナ・リュート『伝説の勇者の伝説』

    投票
  • 物部悠『銃皇無尽のファフニール』

    投票
  • カズマ『この素晴らしい世界に祝福を!』

    投票
  • 飛弾傷無『魔装学園H×H』

    投票
  • キリト『ソードアート・オンライン』

    投票
  • 五河士道『デート・ア・ライブ』

    投票
  • 西村太一『異世界チート魔術師』

    投票
  • ナツキ・スバル『Re:ゼロから始める異世界生活』

    投票
  • 鑢七花『刀語』

    投票
  • レイフォン・アルセイフ『鋼殻のレギオス』

    投票
  • エルネスティ・エチェバルリア『ナイツ&マジック』

    投票
  • 岩谷尚文『盾の勇者の成り上がり』

    投票
  • サトゥー(鈴木一郎)『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』

    投票
  • カナタ・エイジ『空戦魔導士候補生の教官』

    投票
  • アッシュ・ブレイク『星刻の竜騎士』

    投票
  • 南雲ハジメ『ありふれた職業で世界最強』

    投票
  • 黒鉄一輝『落第騎士の英雄譚』

    投票
  • ティグルヴルムド=ヴォルン『魔弾の王と戦姫』

    投票
  • 如月ハヤト『ハンドレッド』

    投票
  • リムル『転生したらスライムだった件』

    投票
  • 草薙タケル『対魔導学園35試験小隊』

    投票
  • 織斑一夏『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』

    投票
  • 空&白『ノーゲーム・ノーライフ』

    投票
  • 逆廻十六夜『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』

    投票
  • ターニャ・デグレチャフ『幼女戦記』

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2019/08/09 11:00 ~ 2019/08/23 10:59

投票します。よろしいですか?