電車の中吊りなどで多く見かける脱毛の広告。最近は手ごろな価格で施術を受けることができるようになったことから、男女問わず脱毛を行う人が増えてきました。
芸能界にも脱毛を行っている人が多数。一見脱毛とは無縁そうな意外な人も脱毛を経験しています。
そこで今回は、意外な脱毛カミングアウト有名人について探ってみました。

1位 ワッキー(ペナルティ)
2位 堀江貴文
3位 児嶋一哉(アンジャッシュ)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位はペナルティの「ワッキー」!


ヒゲや体毛が濃く、「男性ホルモンが多い」というキャラクターでおなじみのワッキー。一度脱げば女性から悲鳴があがるような胸毛やギャランドゥが彼のトレードマークでもありました。
しかしそんなワッキーは脱毛サロン『TBC』のチャレンジ企画にて、全身脱毛に挑戦。『TBC』のWebサイトでは脱毛ビフォー・アフターの写真を見ることができます。
脱毛後のワッキーはまさに全身ツルツル!彼の鍛え上げられた筋肉がより魅力的に見えるようになりました。
女性からは「こっちの方がいい」という意見が多かったものの、「仕事減るんじゃない?」という心配の声も。

2位は「堀江貴文」!


ホリエモンの愛称でおなじみの堀江貴文。過去には『週刊プレイボーイ』でグラビアを披露したこともあります。そんな彼も全身脱毛を経験しています。
何でも、陰毛が抜け落ちているのを見るのが気になったことがきっかけだったとか。
今は全身脱毛してその心配もなくなり、さらに自身の脚がツルツルできれいになったことに満足しているようです。

3位はアンジャッシュの「児嶋一哉」!


名前をわざと間違えられたときの「児嶋だよ!」のツッコミでおなじみの児嶋一哉。
濃いヒゲが気になっていたこと、そしてテレビ番組の食レポで手がアップで映ったときの指や腕の毛が気になったことがきっかけで全身脱毛に踏み切ったようです。
特に毛深いイメージがなかっただけに、「え?全身脱毛していたの?」と驚いた人が多数。3位となりました。

このように、脱毛を経験した意外な有名人は少なくありません。
気になる4位~24位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの有名人が脱毛していたと聞いて驚きましたか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,478票
調査期間:2016年11月25日~2016年12月09日