お笑い芸人の中には、自身の裸や肉体を売りにしている“裸芸人”と呼ばれる人が存在します。キャラクターを確立させるため、テレビ番組に出演するときや、地方の営業に参加するときも裸で望む人が多いようです。
しかし世間からは「認知度も高まってきたし、もう服を着てもいいんじゃない?」と思われている人も。そこで今回は、そろそろ服を着てもいいと思う裸芸人について探ってみました。

1位 小島よしお
2位 とにかく明るい安村
3位 江頭2:50
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「小島よしお」!


鍛え上げられたムキムキの体と「そんなの関係ねー!」と勢いよく踊るネタでブレイクした小島よしお。季節問わず海水パンツ一枚で活動しています。
最近は幼稚園でダンスを教える仕事も多く、子どもたちから絶大な支持を集めているようです。
海水パンツが彼のトレードマークでもありますが、認知度がかなり高まった今となっては「もうキャラクターも定着したし、服を着てもいいのでは?」と思っている人が多く、1位となりました。

2位は「とにかく明るい安村」!


パンツを履いているのに、履いていないように見えるギリギリのポーズで人気を集めたとにかく明るい安村。昨年、不倫報道がされてからは一時期よりもテレビで見る機会が減ってしまいました。
しかし「安心してください、履いてますよ」のネタは大ブレイクしただけに、彼の認知度は高く、「もう服を着てもいいんじゃない?」と思っている人が多いようです。

3位は「江頭2:50」!


黒のタイツ一枚で長年破天荒に暴れる芸風をつらぬいている江頭2:50。東日本大震災のときは自らトラックを運転して支援物資を届けたという話も有名です。
もう何年も同じコスチューム、同じ芸風で仕事を続けているだけあり、その認知度はかなり高いはず。「もうそろそろ黒タイツから卒業してもいいんじゃない?」と思っている人が多数。3位となりました。

このように、キャラがしっかりと世間に認知されていると感じ、「服を着てもいいんじゃない?」と思われている裸芸人は少なくありません。気になる4位~17位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの裸芸人を見てそのように思いますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,371票
調査期間:2016年11月06日~2016年11月20日