一番好きな寿司ネタランキング!イクラ、中トロ、サーモン、マグロ、1位に輝いたのは…【2024年最新調査】

元々はご飯を使って魚を発酵させる加工方法として日本に伝来した「すし」。その後、江戸時代に現在のようなすし飯にさまざまなネタ(タネ)を乗せて食べるスタイルが誕生し、広く親しまれるようになりました。
そこで今回は、一番好きな寿司ネタはどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 イクラ
3位 中トロ
2位 マグロ
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「イクラ」!

「イクラ」
名称がロシア語に由来する「イクラ」。チョウザメの卵を塩漬けにした料理キャビアにヒントを得てロシア人が考案したもので、すしネタになったのは戦後からです。使用する際には卵巣膜を取り除いて卵をバラし、塩やしょうゆにつけ込むのが一般的です。卵巣膜のまま塩漬けしたものは「スジコ」と呼ばれます。

同率3位は「中トロ」!

「中トロ」
赤身に分類されるネタ「中トロ」。マグロの胴体部から取れるネタで、脂が多い大トロと脂が少ない赤身との中間程度の脂を含んだ食べやすさが魅力です。取れる部位が背中側の「背かみ」「背なか」「背しも」、腹側の「腹なか」「腹しも」と広範囲にわたるため、脂の量や色などにバラつきがあるのも特徴です。

2位は「マグロ」!

「マグロ」
マグロの胴体部で背中と腹に挟まれた中心部から取れる赤身を使用した「マグロ」。脂身が無くあっさりとした味と、低カロリーかつ高タンパクなのが特徴で、「かみ」「なか」「しも」で筋の入り方が異なります。赤身の中でも頭に近い部分(かみ)は他の部分と比べて筋が少なく、味が濃厚になるとされています。

1位は「サーモン」!

「サーモン」
海外からの売り込みによって1980年代後半からすしネタとして使われるようになった「サーモン」。脂がのっているのが特徴で、英語名が同じ日本のサケ(鮭。狭義では海水魚のシロザケ)とは異なり、主にノルウェーなどで収穫されるアトランティックサーモンや、トラウトサーモン(=ニジマス)が使用されています。
日本のみならず、世界でも高い人気を誇るすしネタ「サーモン」が1位に輝いた今回のランキング。気になる5位~45位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが一番好きな寿司ネタは、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:262票
調査期間:2024年4月17日~2024年5月01日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

海が美しいと思う都道府県は?

投票受付期間:2024/05/22 11:00 ~ 2024/06/05 10:59

投票します。よろしいですか?