詞のセンスがずば抜けていると思うアーティストといえば? 3位 中島みゆき、2位 宇多田ヒカル、1位に選ばれたのは…

数々のヒット曲を生み出すミュージシャンの中には、そのメロディーセンスだけではなく、歌詞が魅力的なアーティストが少なくありません。
そこで今回は、詞のセンスがずば抜けていると思うアーティストは誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 中島みゆき
2位 宇多田ヒカル
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「中島みゆき」!

1994年に放送されたドラマ『家なき子』(日本テレビ系)の主題歌『空と君のあいだに』を歌っていることでも知られる中島みゆき。当時同ドラマが始まるにあたって主題歌を依頼された際、まだ台本はなく、具体的に決まっているのは、安達祐実が主演であることと、彼女が犬を連れていることくらいだったことから、犬の気持ちになって制作したのだそう。犬の気持ちで見れば、自分といつも一緒に歩いている家のない少女は「君」、犬からすると「君」と「空」しか見えていないはずと考え、犬の立場で制作したと話しています。
そんな彼女は、言葉を表現することについて「受け取る人の気持ちによって、それぞれの意味を持つ。」「受け取る人それぞれで世界を作ってゆく。それが楽しみで、勉強になる」と語っています。

2位は「宇多田ヒカル」!

1998年に15歳で歌手デビューし、ファーストシングルがダブルミリオンセールスを記録して一躍トップアーティストの仲間入りを果たした宇多田ヒカル。作詞について、メロディーをつくった後に文字数を考えながら歌詞を書くようで、「歌詞がまだない状態で歌っていると、だいたい母音が固まっていって、そこからその母音に沿って言葉の選び方・置き方を考えていくので、どうしても語呂が大事」と話し、メロディーやコードが書き上がった後に作詞に取りかかると明かしています。
一方、作詞は「一番とりかかるのが億劫な作業」と言い、やりたくないと思うこともあるそうです。それでも「登山みたいなもので、最初から辛くなると分かっててやりに行くことに意味がある」と例えています。

1位は「米津玄師/ハチ」!

中学生くらいのときから歌詞へ意識を向けるようになったと話している米津玄師。特にBUMP OF CHICKENやASIAN KUNG-FU GENERATION、スピッツなどのバンドが好きで、「彼らの言葉には、少なからず影響を受けている」と振り返っています。
そんな彼は、2018年にリリースした『クランベリーとパンケーキ』の歌詞は「全体的によく書けた」と話し、その理由について「僕はお酒が好きなんですよ。朝まで飲んで、陽射しがガンガン入ってくる昼に気だるいなぁと思いながら二日酔いの状態で作ったのが、『クランベリーとパンケーキ』です。ものすごく僕の生活に根ざしている曲なので」と制作の経緯を明かしています。
2023年7月には、ジブリ映画『君たちはどう生きるか』の主題歌を担当したことでも注目された米津玄師が1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが、詞のセンスがずば抜けていると思うアーティストは、何位にランク・インしていましたか?

(芸能ライター:田辺ユウキ)
調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2023年11月14日~2023年11月14日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

野菜がおいしいと思う都道府県は?

投票受付期間:2024/04/15 11:00 ~ 2024/04/29 10:59

投票します。よろしいですか?