もう一度見たい!野島伸司作品ランキング!3位「人間・失格」、2位「101回目のプロポーズ」、1位に選ばれたのは…

1988年5月に「第2回フジテレビヤングシナリオ大賞」を授賞し、メジャーデビューした野島伸司。同年に連続テレビドラマの脚本家としても活動を開始すると、瞬く間に人気脚本家へと上り詰め、さまざまな名作を生み出してきました。2023年8月には地上波の連続ドラマ作品としては5年ぶりに脚本を手掛けた『何曜日に生まれたの』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の放送がスタートし、話題となっています。
そこで今回は、野島伸司がこれまでに関わってきた作品の中で、もう一度見たいと思うのはどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。


3位 人間・失格-たとえばぼくが死んだら-
2位 101回目のプロポーズ
1位 ??????
すべてのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は『人間・失格-たとえばぼくが死んだら-』!

大阪から転校してきた少年・大場誠(堂本剛)がクラスメートのいじめによって死亡し、その父親・大場衛(赤井英和)が復讐(ふくしゅう)に立ち上がる衝撃の問題作。

放送期間:1994年7月8日~1994年9月23日
放送局:TBS系
脚本:野島伸司
出演:赤井英和、桜井幸子、横山めぐみ、荻野目慶子、堂本剛(KinKi Kids)、堂本光一(KinKi Kids) 他

2位は『101回目のプロポーズ』!

建築会社に勤める真面目な会社員・達郎(武田鉄矢)が、断られ続けたお見合いの100回目に美しいチェロ奏者・薫(浅野温子)と出会い、恋に落ちるラブストーリー。

放送期間:1991年7月1日~1991年9月16日
放送局:フジテレビ系
脚本:野島伸司
出演:浅野温子、武田鉄矢、江口洋介、田中律子、浅田美代子、石田ゆり子 他

1位は『ひとつ屋根の下』シリーズ!

両親の死後、離ればなれに暮らしていた6人のきょうだいが、長男・柏木達也(江口洋介)の結婚をきっかけに一つ屋根の下で暮らし始める家族ドラマ。

放送期間:1993年4月12日~1993年6月28日(第1シリーズ)、1997年4月14日~1997年6月30日(第2シリーズ)
放送局:フジテレビ系
脚本:野島伸司
出演:江口洋介、福山雅治、酒井法子、いしだ壱成、大路恵美、山本耕史、内田有紀 他
衝撃的なテーマの作品を抑えて心温まるホームドラマが1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~39位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたがもう一度と見たいと感じた野島伸司作品は、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,217票
調査期間:2020年8月04日~2020年8月18日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

チャーハンが最高にうまいと思う中華チェーンは?

投票受付期間:2024/05/24 11:30 ~ 2024/06/07 10:59

投票します。よろしいですか?