最強だと思う日本のドラマーランキング!YOSHIKI(X JAPAN)、玉田豊夢(100s)、真矢(LUNA SEA)、1位に選ばれたのは?

ドラムセットを使ってどだいとなるリズムパターンを演奏し、バンド全体のサウンドを支える「ドラマー」。幅広い年代の個性豊かなドラマーが数多く活躍しているため、「この人の演奏が一番すごい!」と感じる推しドラマーも人によって異なるのではないでしょうか。
そこで今回は、最強だと思う日本のドラマーは誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 真矢
2位 玉田豊夢
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「真矢」!

1989年にバンド「LUNACY」(翌1990年にLUNA SEAへと改名)にドラマーとして参加し、1992年にアルバム『IMAGE』でメジャーデビューを果たした「真矢」。バンドが活動を一時休止した1997年からはソロシンガーとしても活動を開始し、同年9月にシングル『落下する太陽』でCDデビューしています。
2001年からはソロのドラマーとしても活動しており、筋肉少女帯や大黒摩季など他アーティストのサポートドラマーとしてツアーやレコーディングに参加。音楽以外でもラーメン店「天雷軒」のプロデュースを行うなど、多岐にわたって活躍中です。そんな彼は、能楽師の父の影響で幼い頃から能の打楽器に触れ、お祭りでは和太鼓をたたいていたとの事。こうしたルーツが、ドラマーとしての源流になっているのかもしれませんね。

2位は「玉田豊夢」!

1998年にセッションミュージシャンとしてプロデビューした「玉田豊夢」。2000年に中村一義がリリースしたアルバム『ERA』のレコーディングに参加すると、2004年からは中村を中心に結成されたバンド「100s」のメンバーとして活動を開始。これまで斉藤和義や浜崎あゆみ、B’z、いきものがかりなど数々のアーティストのレコーディングやライブにサポートメンバーとして参加しており、2023年6月にリリースされたゆずの配信シングル『SUBWAY』でもドラムを担当しています。
そんな彼は、幼い頃から音楽番組を見てもボーカルよりドラマーに目が行っていたそうで、12歳の頃には楽器のカタログを参考に段ボールの筒やフィルム素材、缶などを使ってドラムやシンバルを自作。ラジカセから流れる音楽を一人コピーしていたのだとか。

1位は「YOSHIKI」!

ロックバンド「X JAPAN」のドラム兼ピアノ担当で、数々の楽曲で作詞・作曲を手がけている「YOSHIKI」。1982年に幼なじみであるボーカルのToshlと共に「X(現X JAPAN)」を結成し、1989年にアルバム『BLUE BLOOD』をリリースしてメジャーデビュー。同アルバムからシングルカットされた『紅』がヒットを記録すると、過激なパフォーマンスとたぐいまれな楽曲のセンスで瞬く間に人気バンドとなり、「X現象」と呼ばれる社会現象を生み出しました。
そんな彼は激しく頭を振り続けて一心不乱にドラムを叩き続ける過激な演奏スタイルでも知られており、時にはドラムセットを破壊することも。2017年には長年にわたってこうした演奏スタイルを続けてきた影響で、頚椎人工椎間板置換の緊急手術を受けています。
日本のみならず世界でも高い人気を誇るX JAPANの中心メンバーで、カリスマロックスターとして知られるYOSHIKIが1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~39位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが最強だと思う日本のドラマーは、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:627票
調査期間:2023年6月07日~2023年6月21日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

海が美しいと思う都道府県は?

投票受付期間:2024/05/22 11:00 ~ 2024/06/05 10:59

投票します。よろしいですか?