廃刊・休刊していたと知って驚いた雑誌ランキング

スマートフォンの普及により、ネット社会が加速した現代。以前に比べて雑誌の生き残り競争も熾烈化しており、廃刊・休刊した雑誌も少なくありません。そこで今回は、廃刊・休刊していたと知って驚いた雑誌について探ってみました。

1位 月刊少年ジャンプ
2位 別冊花とゆめ
3位 ぴあ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『月刊少年ジャンプ』!

『月刊少年ジャンプ』
今なお高い人気を誇り続けている『週刊少年ジャンプ』。そんなジャンプの姉妹月刊紙として1969年に「別冊少年ジャンプ」として創刊されたのが『月刊少年ジャンプ』。学園コメディーやお色気漫画が特に人気を集めていました。80年代に全盛期を迎えますが、人気作品の長期休載や、ライバル誌の台頭などの影響により販売不振に陥り、2007年6月に発売された7月号をもって休刊。今でも当たり前のように発売されていると思っていた人が多く、休刊を知って驚いた人が多数。1位となりました。

2位は『別冊花とゆめ』!

『別冊花とゆめ』
『ガラスの仮面』『赤ちゃんと僕』などで有名な少女漫画雑誌『花とゆめ』。そんな『花とゆめ』の季刊誌として1977年に創刊されたのが『別冊花とゆめ』。恋愛作品やミステリー作品等のよみきり作品を掲載していたことから手にとりやすく、人気が急上昇。季刊誌から隔月刊誌、そして月刊誌へと成長。しかし2018年5月に発売された7月号をもって休刊。青春時代によく読んでいたという人も多く、休刊を惜しむ声が多数。2位となりました。

3位は『ぴあ』!

『ぴあ』
チケット事業で有名なぴあ株式会社が、映画情報やコンサート情報などをまとめて出版していた雑誌『ぴあ』。芸能人の写真ではなく似顔絵を表紙に起用するという斬新なアイディアが印象的。この雑誌片手にチケットを電話予約していた懐かしい思い出がある人も多いようです。そんな『ぴあ』も2011年7月の発行をもって休刊。現在はアプリ版として多くの人に利用されています。
このように、昔から慣れ親しんだ人が多い雑誌が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの雑誌が廃刊・休刊していたと知って驚きましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,794票
調査期間:2019年9月12日~2019年9月26日

続きを読む

ランキング順位を見る

メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

渋さが増してきたと思う40代以上のジャニーズは?

  • 長野博(V6):1972年10月9日

    投票
  • 坂本昌行(V6):1971年7月24日

    投票
  • 堂本光一(KinKi Kids):1979年1月1日

    投票
  • 井ノ原快彦(V6):1976年5月17日

    投票
  • 岡本健一:1969年5月21日

    投票
  • 近藤真彦:1964年7月19日

    投票
  • 松岡昌宏(TOKIO):1977年1月11日

    投票
  • 植草克秀(少年隊):1966年7月24日

    投票
  • 森田剛(V6):1979年2月20日

    投票
  • 錦織一清(少年隊):1965年5月22日

    投票
  • 東山紀之(少年隊):1966年9月30日

    投票
  • 堂本剛(KinKi Kids):1979年4月10日

    投票
  • 三宅健(V6):1979年7月2日

    投票
  • 城島茂(TOKIO):1970年11月17日

    投票
  • 木村拓哉:1972年11月13日

    投票
  • 長瀬智也(TOKIO):1978年11月7日

    投票
  • 内海光司:1968年1月11日

    投票
  • 佐藤アツヒロ:1973年8月30日

    投票
  • 国分太一(TOKIO):1974年9月2日

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2020/10/18 17:00 ~ 2020/11/01 10:59

投票します。よろしいですか?