「いけ好かない男役」がはまりすぎている俳優ランキング

テレビドラマや映画に欠かせないのが嫌な役。見ていて「むかつく!」と思わず口にしてしまうほど嫌な役が存在することで、ストーリーが盛り上がります。そこで今回は、ヤなヤツを演じるのがうまく、いけ好かない男役がはまりすぎている俳優について探ってみました。

1位 木下ほうか
2位 ユースケ・サンタマリア
3位 香川照之
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「木下ほうか」!

俳優として長年活躍してきた木下ほうかが、一躍ブレイクした作品が『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)。ネチネチとした嫌みな夫がはまり役となり、以降悪役のオファーが殺到。バラエティー番組『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)では、どの会社にもいそうな嫌みな上司を怪演。“イヤミ課長”の愛称で親しまれ、シリーズ化されて大人気になりました。「良い人の役では物足りない」と思ってしまう人が多いほど、いけ好かない男役が似合うということで1位となりました。

2位は「ユースケ・サンタマリア」!

「ユースケ・サンタマリア」
俳優、タレント、歌手などマルチに活躍するユースケ・サンタマリア。最近テレビドラマでは一癖ある役を演じる機会が増えてきた彼。先日最終回を迎えた『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)では、一見優しい態度や口調で話しているように見えるが、実は部下に無理難題・残業を強いるブラック上司を熱演。ニヤリと笑う姿を見て「演技だと分かっているけれど、ユースケが嫌いになりそう」という悪役には最高の賛辞が多数。2位となりました。

3位は「香川照之」!

「香川照之」
確かな演技力と存在感で多くの作品に出演してきた香川照之。そんな彼の出演作品で多くの人の印象に残っているのが『半沢直樹』(TBS系)の大和田暁役。悔しさをにじませ、震えながら土下座するシーンはあまりに印象的。今でも大和田常務役のイメージを強く持つ人が多く、3位となりました。
このように、長年活躍してきた演技派俳優が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの俳優がいけ好かない役がはまっていると思いますか?
写真:タレントデータバンク
ユースケ・サンタマリア|1971/3/12生まれ|男性|B型|大分県出身)
香川 照之|1965/12/7生まれ|男性|東京都出身)
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年6月26日~2019年6月26日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

お酒好きが多そうな都道府県は?

投票受付期間:2019/11/13 11:00 ~ 2019/11/27 10:59

投票します。よろしいですか?