最もカリスマ性のあるガンダムキャラランキング

戦争をメインテーマとする『ガンダム』シリーズ。国家間や対立する勢力間の争いが物語の中心となるため、いずれの作品においても優れたカリスマ性を有するキャラクターが重要な役割で登場します。
そこで今回は、最もカリスマ性があるキャラクターについて調査を行い、ランキングにしてみました。

1位 シャア・アズナブル
2位 ラクス・クライン
3位 トレーズ・クシュリナーダ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「シャア・アズナブル」!

栄えある1位に選ばれたのは『機動戦士ガンダム』の「シャア・アズナブル」でした。『機動戦士ガンダム』以外にも『機動戦士Ζガンダム』など、宇宙世紀を舞台にした複数の『ガンダム』作品に登場するキャラクターの一人で、高いカリスマ性を備えています。
いずれの作品においても戦争を裏から動かすほどの優れた能力を有し、立場が変わっても部下たちから厚い信頼を獲得しているその姿は、まさにシリーズ最強のカリスマと言って間違いないでしょう。

2位は「ラクス・クライン」!

2位には『機動戦士ガンダムSEED』の「ラクス・クライン」が続きました。コーディネイターが拠点とするプラントの最高評議会議長シーゲル・クラインの娘で、物語当初はザフト軍の広告塔として登場します。
しかし、「血のバレンタイン」と呼ばれる事件をきっかけに動き始めた物語の中で、次第に指導者として頭角を現し、戦争終結のために奔走することになります。

3位は「トレーズ・クシュリナーダ」!

3位には『新機動戦記ガンダムW』の「トレーズ・クシュリナーダ」がランク・インしました。地球圏統一連合を裏から操る軍事結社「OZ」の総帥を務める若き指導者で、優れた政治的手腕とカリスマ性を併せ持つ生粋のエリートです。
作中では単純な悪役ではなくトリック・スターとして活躍しますが、最終的にはガンダムパイロットの一人である張五飛との一騎打ちに敗れてこの世を去ります。
今回は「最もカリスマ性のあるガンダムキャラランキング」を紹介させていただきました。気になる4位~50位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,124票
調査期間:2019年4月28日~2019年5月12日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

本当においしいファミレスは?

投票受付期間:2019/10/06 11:00 ~ 2019/10/20 10:59

投票します。よろしいですか?