最もカリスマ性があるジャニーズメンバーランキング

カリスマ性とは、「人々の心を引きつける強い魅力があること」「多くの人から支持されること」(goo辞書より)という意味で、他をしのぐ突出した魅力がある人のことを指して使われます。
そこで今回は、ジャニーズアイドルの中で、最もカリスマ性があると思うメンバーについて聞いてみました。

1位 木村拓哉
2位 東山紀之(少年隊)
3位 岡田准一(V6)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「木村拓哉」!

SMAP人気をけん引しながらも、ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)を皮切りに、ドラマや映画に引っ張りだこ。今なお注目を浴び続けている木村拓哉。視聴率などの記録もさることながら、視聴者にさまざまなヒーロー像をみせてくれました。実際に、彼の演じた役柄の影響を受けて、弁護士や美容師の職に就いた男性たちが番組に登場したことも。このほか、ファッションやヘアスタイルも流行するなど、トレンドもけん引してきた木村拓哉。女性ファンのみならず男性ファンをも魅了してきた彼は、これぞカリスマ! というべき偉業ですね。

2位は「東山紀之(少年隊)」!

1985年に少年隊のメンバーとしてデビューして以降、歌にダンス、舞台にドラマ、現在はナレーターのキャスターと幅広く仕事をこなす東山紀之。小学生のときに渋谷の交差点で信号待ちをしていたら、事務所社長のジャニー喜多川から直接スカウトされてジャニーズ入りしたという逸材。スター街道まっしぐらというイメージがあるものの、自伝『カワサキ・キッド』(朝日文庫)では、幼少期の苦労や、自身のルーツ、デビュー当時のことをつづっており、是非ともお薦めしたい一冊。意外な一面に触れることで、彼の持つカリスマ性にも納得です。

3位は「岡田准一(V6)」!

1995年に放送されたバラエティー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)内の「ジャニーズ予備校」のオーディションに合格し、ジャニーズ入り。当時としては珍しいルートだったことから話題を集めました。その後、すぐにV6のメンバーとしてデビュー。ドラマや映画に次々出演、NHK大河ドラマでは主演に抜てき、日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞と、演技力も高く評価されています。演技のために、複数の武術のほか、乗馬に殺陣の習得とストイックな姿勢からは、努力あってのカリスマ性だと気付かされます。
上位メンバーに限らず、デビュー後もどれだけ人気を集めようがひたむきな努力を続けているジャニーズのメンバー。歌とダンスをベースに、演技に楽曲制作、小説家、漫画家、キャスター……数え切れないほどの多彩ぶりには頭が下がりますね。ただかっこいいだけじゃないのがジャニーズアイドルの特徴といえそうです。

今回は、「最もカリスマ性があるジャニーズメンバーランキング」を紹介させていただきました。気になる4位~56位のランキング結果もぜひご覧ください。

(参考:goo辞書)
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年4月23日~2019年4月23日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

実話をもとに作られたと聞いて驚いたトラウマ映画は?

  • 「八つ墓村(1996年)」監督:市川崑

    投票
  • 「死霊館」監督:ジェームズ・ワン

    投票
  • 「ブラック・ダリア」監督:ブライアン・デ・パルマ

    投票
  • 「それでもボクはやってない」監督:周防正行

    投票
  • 「ディアトロフ・インシデント」監督:レニー・ハーリン

    投票
  • 「復讐するは我にあり」監督:今村昌平

    投票
  • 「チャイルド44」監督:ダニエル・エスピノーサ

    投票
  • 「八甲田山」監督:森谷司郎

    投票
  • 「トガニ 幼き瞳の告発」監督:ファン・ドンヒョク

    投票
  • 「黒い雨」監督:今村昌平

    投票
  • 「ひかりごけ」監督:熊井啓

    投票
  • 「死霊院 世界で最も呪われた事件」監督:ザビエ・ジャン

    投票
  • 「恋の罪」監督:園子温

    投票
  • 「SADA 偽作・阿部定の生涯」監督:大林宣彦

    投票
  • 「アメリカンホーンティング」監督:コートニー・ソロモン

    投票
  • 「凶悪」監督:白石和彌

    投票
  • 「ゾディアック」監督:デビッド・フィンチャー

    投票
  • 「怒り」監督:李相日

    投票
  • 「先生を流産させる会」監督:内藤瑛亮

    投票
  • 「隣の家の少女」監督:グレゴリー・M・ウィルソン

    投票
  • 「日本で一番悪い奴ら」監督:白石和彌

    投票
  • 「BOX 袴田事件 命とは」監督:高橋伴明

    投票
  • 「コレクター」監督:モーガン・オニール

    投票
  • 「エレファント」監督:ガス・バン・サント

    投票
  • 「愛のむきだし」監督:園子温

    投票
  • 「スポットライト 世紀のスクープ」監督:トム・マッカーシー

    投票
  • 「誰も知らない」監督:是枝裕和

    投票
  • 「エミリー・ローズ」監督:スコット・デリクソン

    投票
  • 「冷たい熱帯魚」監督:園子温

    投票
  • 「ナチュラル・ボーン・キラーズ」監督:オリバー・ストーン

    投票
  • 「ポゼッション(2013年)」監督:オーレ・ボールネダル

    投票
  • 「カエル少年失踪殺人事件」監督:イ・ギュマン

    投票
  • 「葛城事件」監督:赤堀雅秋

    投票
  • 「ルーム」監督:レニー・アブラハムソン

    投票
  • 「プロフェシー」監督:マーク・ペリントン

    投票
  • 「モンスター(2003年)」監督:パティ・ジェンキンス

    投票
  • 「ホテル・ルワンダ」監督:テリー・ジョージ

    投票
  • 「丑三つの村」監督:田中登

    投票
  • 「八仙飯店之人肉饅頭」監督:ハーマン・ヤウ

    投票
  • 「オープン・ウォーター」監督:クリス・ケンティス

    投票
  • 「消された女」監督:イ・チョルハ

    投票
  • 「コンプライアンス 服従の心理」監督:クレイグ・ゾベル

    投票
  • 「東京島」監督:篠崎誠

    投票
  • 「全員死刑」監督:小林勇貴

    投票
  • 「コンクリート」監督:中村拓

    投票
  • 「バッシング」監督:小林政広

    投票
  • 「子宮に沈める」監督:緒方貴臣

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2019/07/10 11:00 ~ 2019/07/24 10:59

投票します。よろしいですか?