プロ野球史上最強の助っ人外国人ピッチャーランキング

日本のプロ野球では、外国人選手も多数活躍しています。中にはその球団になくてはならないスター選手として人気を集めた選手も!
そこで今回は、プロ野球史上最強の助っ人外国人ピッチャーについて探ってみました。

1位 郭泰源(西武ライオンズ)
2位 郭源治(中日ドラゴンズ)
3位 荘勝雄(ロッテオリオンズ)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「郭泰源(西武ライオンズ)」!

台湾出身で1985年に西武ライオンズに入団した郭泰源。台湾代表のときに“オリエンタル・エクスプレス”と呼ばれた彼は、150キロ台の速球と高速スライダーを武器に大活躍。外国人歴代最多の117勝をマークした伝説の投手として多くの人の記憶に残っています。
彼の登板後のマウンドがきれいな状態でキープされていたのも印象的。足の踏み込みが少なく、乱れなく安定したフォームで投げていたことが分かります。そんな誰もが認める最強ピッチャー・郭泰源が1位となりました。

2位は「郭源治(中日ドラゴンズ)」!

台湾出身で1981年のシーズン途中に中日ドラゴンズに入団。ダイナミックな投球フォームがトレードマークで、“踊る守護神”というニックネームがついた彼。1987年から2年連続最優秀救援投手のタイトルを獲得し、さらに1988年にはリーグ優勝の立役者としてMVPにも輝きました。16年間で106勝をマーク、また、抑えとして通算116セーブも記録しました。

3位は「荘勝雄(ロッテオリオンズ)」!

台湾出身で、西武ライオンズで活躍した郭泰源、中日ドラゴンズで活躍した郭源治とともに、“二郭一荘”と称されたロッテオリオンズの荘勝雄。1985年に入団し、入団一年目から5年連続2桁勝利をあげています。調子の良し悪しの差が激しいことでも知られていましたが、得意のナックルボールで三振の山を築いたことが印象的です。
このように、1980~90年代に活躍した台湾人選手が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~48位のランキング結果もぜひご覧ください。

皆さんは、どの助っ人外国人選手が最強だと思いますか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,814票
調査期間:2018年11月04日~2018年11月18日

続きを読む

ランキング順位を見る

メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

“ネクスト嵐”だと思うジャニーズグループは?

投票受付期間:2021/03/06 11:00 ~ 2021/03/20 10:59

投票します。よろしいですか?