最近は子どもの習い事の種類も増えてきて、いくつも掛け持ちしているというケースも少なくないそう。では、多くの大人が「やっておけばよかった」と思っている習い事は何なのでしょうか。
そこで今回は、子どもの時にやっておけばと後悔している習い事について探ってみました。

1位 英会話
2位 ピアノ・エレクトーン
3位 習字(書写)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「英会話」!


これからの時代、必要不可欠とされているのが英会話。英語を話すことができるだけで就職活動に有利だとも言われ、仕事の幅もグッと広がります。また、海外旅行に行ったときに「こんなときに英語が話せれば…」と思った経験があるという人も少なくないようです。
大人になってから勉強しようとするものの、なかなか勉強の時間がとれなかったり、頭に入っていかなかったり…苦戦している人も多いようです。頭の柔らかい子どもの時に英会話を習っておきたかったという人が多く、1位となりました。

2位は「ピアノ・エレクトーン」!


最近は男女問わず音楽教室に通い、ピアノやエレクトーンを習っている子どもも少なくありません。一説には、~子どもの間に音感教育をすることで絶対音感が養われやすくなるとも言われています。
さらにピアノやエレクトーンを習うことで楽譜を暗譜するようになり、記憶力や集中力が高まるとも言われています。また、「大人になってピアノが弾けるとかっこいい」と感じている人も多く、2位となりました。

3位は「習字(書写)」!


最近はパソコンやスマートフォンでのやりとりがコミュニケーションの主流となり、文字を書く機会が減りました。しかし、自分の字が汚いと悩んでいる人も少なくありません。子どもの時に習字をしっかり習っておけば、美文字が書けたかも…と悔やむ人が多く、3位となりました。

このように、今の時代を反映するようなランキング結果となりました。気になる4位~40位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの習い事をやっておけばよかったと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,247票
調査期間:2018年5月15日~2018年5月29日

つづきを読む