比較的高めの音質が特徴の声優石田彰さん。業界でも少ない男性の少年役や、過去には少女役の声優経験もあります。
もちろん少年役にとどまらず、大人な男性の役なども演じており演技の幅広さを伺わせるのですが、そんな石田彰さんに「ハマっている役」というのは、なかなか決め難いものかと思います。

そこで今回は「石田彰のハマり役だったアニメキャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。
石田彰さんがハマり役だと思われているアニメキャラとは、一体どの作品のどのキャラクターだったのでしょうか?

1位 桂小太郎
2位 渚カヲル
3位 アスラン・ザラ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『銀魂』シリーズの「桂小太郎」!


指名手配をものともしない、『銀魂』シリーズの「桂小太郎」が堂々の1位に輝きました。
一応幕府にとっては攘夷派の最重要人物ではあるのですが、比較的普通にそこら辺を闊歩していたり、当たり前のように大型企画に参加したりしていますね。
いつもはボケ担当の銀時も彼がそばにいる時はツッコミになる事が多く、作中随一のボケキャラと言っても過言ではないでしょう。

2位は『新世紀エヴァンゲリオン』の「渚カヲル」!


人間の肉体と「第1使徒 アダム」の魂を持つ「第17使徒 タブリス」、『新世紀エヴァンゲリオン』の「渚カヲル」が2位を獲得しました。
優しげな少年の風貌とはかけ離れた考え方を持っており、優しく投げかけられる難解な言葉はどこか、人ならざる者の達観した考えのようなものを感じさせました。

3位は『機動戦士ガンダムSEED』シリーズの「アスラン・ザラ」!


キラの親友でありライバル、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズの「アスラン・ザラ」が3位にランク・インしました。
親友であるキラと悲劇的な再会を遂げて以降、お互いに譲れないものの為に何度も衝突しながら同じ目標を追い、最後は協力して平和な世界を作ろうと手を取り合う事ができました。

いかがでしたか?
筆者はゲーム『テイルズ オブ エターニア』「リッド・ハーシェル」での印象がかなり強く、どうしても面倒くさがりな少年を想像してしまいます。

今回は「声優・石田彰のハマり役だったアニメキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~52位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,331票
調査期間:2017年12月16日~2017年12月30日

つづきを読む