最も「方言」に特徴がある都道府県ランキング 3位秋田県

特徴的な話し言葉である「方言」、日本は狭い島国ではあるものの地域ごとに強い方言がある場所も多いですね。中には異国の言葉のごとく聞き取れないようなものもあるそうで、クイズなんかで出題される事もしばしば。

そこで今回は「最も方言に特徴があると思う都道府県」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番方言に特徴のある都道府県とは、一体どの都道府県だったのでしょうか?

1位 青森県
2位 沖縄県
3位 秋田県
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「青森県」!

「青森県」

津軽弁で有名な、「青森県」が堂々の1位に輝きました。
発音の違いや独特の言い回しなどがかなり特徴的で、地元民以外の人が聞き取るには難易度が高め。トヨタではフランス語と聞き間違える内容のCMを公開した事もあるんだとか。
方言には文章を短縮するような意図も多いそうで、「どさ」の2音だけで「どこに行くの(どごさ行ぐの)?」といった意味を持つ、暗号並に分かりにくいものが多数あるそうです。

2位は「沖縄県」!

「沖縄県」

別の国の言葉だった、「沖縄県」が2位を獲得しました。
沖縄の方言である「沖縄方言」とは、沖縄で約450年間栄えた琉球王国で話されていた「琉球語」がもとになっており、発音などの根本も異なる事からかなり特徴的と言えますね。

3位は「秋田県」!

「秋田県」

日本三大美人の“秋田美人”でおなじみ、「秋田県」が3位にランク・インしました。
先日行われた夏の甲子園、金足農業高校の準優勝の影響で多いに盛り上がった秋田県。
そんな秋田県の方言は擬音のような表現も多い事で知られています。さらに県内では何種類かに分けられるようで、「秋田弁」もかなり難解な方言となっているようです。

いかがでしたか?
南北の方言がTOPを固めましたが、4位には「大阪府」も登場しておりなかなか興味深いランキングとなりました。

今回は「最も『方言』に特徴がある都道府県ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~46位のランキング結果もぜひご覧ください!
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2018年1月10日~2018年1月12日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

漢字で書けるか自信がない都道府県は?

投票受付期間:2018/12/16 11:00 ~ 2018/12/30 10:59

投票します。よろしいですか?