主人公から悪役、クールなキャラからギャグキャラまで広く演じる子安武人さん、その特徴的な彼のボイスが好きな方も多いかと思います。
そんな彼はなんと今年で50歳を迎え、来年には声優活動30周年を迎える大御所男性声優となっております。

そこで今回は「子安武人のハマり役」をアンケート、ランキングにしてみました。
およそ30年間の声優活動の中で一番ハマり役だと思われたのは、一体どのアニメキャラだったのでしょうか?

1位 高杉晋助
2位 ディオ・ブランドー/DIO
3位 クルル曹長
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『銀魂』の「高杉晋助」!


攘夷志士の中で最も過激で最も危険な男、『銀魂』の「高杉晋助」が堂々の1位に輝きました。
幕府転覆を狙う「鬼兵隊」の総督で、その佇まいと貼り付けられたような薄ら笑いはどこか狂人を思わせる危うさが漂っていますね。
物語では比較的口数が少なく、「何を考えているかわからない」「謎のカリスマ性」などが子安武人さんぽかったという事でしょうか?

2位は『ジョジョの奇妙な冒険』の「ディオ・ブランドー/DIO」!


悪のカリスマ、『ジョジョの奇妙な冒険』の「ディオ・ブランドー/DIO」が2位を獲得しました。
狡猾な野心家であり高い知性と絶対的なプライド、「DIO(イタリア語で神)」の名に恥じない圧倒的カリスマ性を持つ彼は、子安武人さんが放つ謎のカリスマ性に合致する所が多かったようです。

3位は『ケロロ軍曹』の「クルル曹長」!


トラブルメーカーの変態カレー博士、『ケロロ軍曹』の「クルル曹長」が3位にランク・インしました。
原作でもかなり濃いめの変態キャラなのですが、業界でも有名になる程アドリブが加えられており、ある意味変態カレー子安博士そのものと言えるでしょう。

いかがでしたか?
筆者はゲームキャラのインパクトが強く残っており、どうしても『ザ・キング・オブ・ファイターズ』の「矢吹真吾」以外思い浮かばなくなってしまいます。

今回は「声優・子安武人のハマり役だったアニメキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~50位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,251票
調査期間:2017年8月01日~2017年8月15日