自称「まぜるな危険」の人気声優である杉田智和さん、青年〜おっさん系の役が多く「基本脱力系やる時はやる役」な印象がありますね。そんな彼、実は高校3年生で主演声優を飾っていたそうです。

そこで今回は「杉田智和のハマり役だったアニメキャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。
杉田智和さんの一番ハマり役だと思われているキャラクターとは、一体どの作品のどのキャラだったのでしょうか?

1位 坂田銀時
2位 キョン
3位 ジョセフ・ジョースター
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『銀魂』の「坂田銀時」!


知名度を大幅に引き上げる事となった、『銀魂』の「坂田銀時」が堂々の1位に輝きました。
折り目正しい杉田智和さんとは異なり基本不遜な「坂田銀時」ですが、絡みづらいボケを発したり、カオスな状況を作り出したりする所は演じている本人そっくりな気もします。
ちなみに杉田智和さんは飲み会の席でも酒を一滴も飲まないそうで、そこは基本飲んだくれる「坂田銀時」と唯一違う点とも取れますね。

2位は『涼宮ハルヒ』シリーズの「キョン」!


ある意味元祖やれやれ系主人公、『涼宮ハルヒ』シリーズの「キョン」が2位を獲得しました。
素養的には物語の中心になるような人物ではないのですが、周りの人間(もとい宇宙人他)に振り回され「やれやれ」な日々を送っています。

3位は『ジョジョの奇妙な冒険』の「ジョセフ・ジョースター」!


数々のジョジョネタを披露していたら主人公役に抜擢された、『ジョジョの奇妙な冒険』の「ジョセフ・ジョースター」が3位にランク・インしました。
ラジオなどでよくジョジョネタを披露していたからか「ジョセフ・ジョースター」に抜擢、ひょうきんだけどやる時はやる主人公として演じ切りました。

いかがでしたか?
やはり知名度の原因となった「坂田銀時」と「キョン」がハマり役だと感じる人は多かったようですね。

今回は「声優・杉田智和のハマり役だったアニメキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜49位のランキング結果もぜひご覧ください!

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,904票
調査期間:2017年6月22日~2017年7月06日