漫画誌にたまにある「休載」、理由は様々ですが主に「作者急病のため」というのをよく目にするかと思います。
「急病なら仕方ない」と納得できるところではあるのですが、稀にとんでもない「休載理由」もあるんだとか。

そこで今回は「ギャグとも思える漫画の休載理由」をアンケート、ランキングにしてみました。
一般的な休載理由以外で一番目を引いたのは、一体どんな休載理由だったのでしょうか?

1位 子供がやってたゲームに作者がハマったため
2位 狩猟のため
3位 扁桃腺を取って肩にバズーカを付ける手術のため
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「子供がやってたゲームに作者がハマったため」!

お詫びするどころかむしろ開き直っているイメージさえある、ちょぼらうにょぽみ先生の「子供がやってたゲームに作者がハマったため」が堂々の1位に輝きました。
『夏狂』連載中の休載理由なのですが、どうやら『ゼルダの伝説 風のタクト』の攻略を子供に教えているうちに自身がハマってしまったそうです。
まぁ楽しいゲームだから仕方がないのでしょうが、隠しもせず堂々と言ってくるあたり大物感を感じさせますね。

2位は「狩猟のため」!

狩猟シーンもあるけどマジで作者が行っていたのか気になる、野田サトル先生の「狩猟のため」が2位を獲得しました。
『ゴールデンカムイ』は舞台と時代、描写の関係で漫画を描く資料のための「狩猟」だったら本気でありそうなので、事実関係が気になるところですね。

3位は「扁桃腺を取って肩にバズーカを付ける手術のため」!

遂に自身も海賊王を目指すつもりになったのか、『ONE PIECE』の作者、尾田栄一郎先生の「扁桃腺を取って肩にバズーカを付ける手術のため」が3位にランク・インしました。
どうやら長期的に喉の扁桃腺に問題があったそうで、執筆作業の邪魔になるからと手術に臨んだそうですが、ついでに取り付けたバズーカが60mm口径型なのか89mm口径型なのか気になるところですね。

いかがでしたか?
とりあえず4位「この星の重力が重すぎるため」の木多康昭先生には、休載の為の変な漫画を描く暇があったら本編を執筆して欲しいと思いました。

今回は「カオス過ぎぃ!ギャグとも思える漫画の休載理由ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜17位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年5月2日~2017年5月10日