眠れない熱帯夜の対処法ランキング

猛暑を通り越して、酷暑が続く昨今の夏。日中の暑さもさることながら、夜になっても気温が下がらず、眠れない夜に思い悩む人もいるのではないでしょうか。夏バテに陥らないためにも、少しでも快適に過ごして休息をとりたいものです。そこで、熱帯夜の対処法を調査してみました。

■眠れない熱帯夜の対処法ランキング
1位:クーラーをつける
2位:扇風機を「強」にする
3位:氷枕や保冷材を使う
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《クーラーをつける》でした。日頃は寝るときにエアコンをつけていなくても、酷暑の日だけはつけるという人も見られます。一方、「エアコンをつけて寝るとだるいが、つけないと暑くて眠れない」というジレンマに陥る人も。体のだるさを感じない程度の室温に設定したり、サーキュレーターで風向きを調整するなど、さまざまな工夫をしてみるとよいかもしれません。

2位は《扇風機を「強」にする》でした。しかし、扇風機の風を強くしても、熱帯夜では効果が感じられない日もありそうです。

3位は《氷枕や保冷材を使う》でした。入眠時に後頭部や脇の下、足の付け根を冷やすのが効果的とされています。ご使用の際は、タオルに包むなどして使うようにしましょう。

4位は《首の後ろを冷やす》でした。しかし、首の後ろは神経が集中していることから冷やさない方がよいとされている場所です。首を冷やすのであれば、首の横にしておきましょう。

熱帯夜の対策として上位にランクしているものの中には、身体によくないものや効果が得られにくいものも見受けられました。正しい知識を持って、少しでも質のよい睡眠をとりたいですね。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年7月15日~2015年7月21日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

夏休みに行きたい日本の世界遺産は?

  • 紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)

    投票
  • 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(鹿児島県、沖縄県)

    投票
  • 百舌鳥・古市古墳群(大阪府)

    投票
  • 琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)

    投票
  • 小笠原諸島(東京都)

    投票
  • 国立西洋美術館本館「ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献‐」(東京都 ※7か国(日本、フランス、アルゼンチン、ベルギー、ドイツ、インド、スイス)にまたがる「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産の一つ)

    投票
  • 富士山―信仰の対象と芸術の源泉(静岡県、山梨県)

    投票
投票受付期間:2024/06/13 11:30 ~ 2024/06/27 10:59

投票します。よろしいですか?