1. 1

    つけ麺 灯花

    塩専門店のつけ麺は、淡麗系なのに力強いしっかりとした旨味が感じられるつけ汁に、むにっとした歯応えが心地良い平打ち麺。夢中で麺を口に運んでしまいます。濃厚一辺倒だったつけ麺ブームに風穴を開けた一杯。

  2. 2

    麺屋神 中川會

    下町の有名店が都心に進出。鶏・牛・豚の動物系をじっくり煮込み魚介系出汁を合わせたつけ汁は、濃厚なのにしつこくなく浅草開化楼の風味豊かな極太麺を優しく包み込む。濃厚魚介豚骨に飽きてしまった人にもお薦めです。

  3. 3

    BASSO ドリルマン

    東池袋大勝軒でラーメン作りのイロハを学んだ店主さんだが、実に個性が光るつけ麺。麺はしっかり冷水で締められていて、歯触りがとても滑らか。パツっと前歯で歯切れ良いのに奥歯で噛めばモチモチ。魚介出汁の効いたつけ汁との組み合わせが食欲をさらに掻き立てる。

  4. 4

    勢得

    麺は自家製の極太麺。適度なウェーブがかかっていて、噛むとバネのように押し返してくる、かなりワイルドな様。つけ汁は海老の風味が豊かなのが特徴。豚骨と鶏ガラ、モミジなど汁の粘度を高くするための素材を使用して、その極太麺に相応しいパンチ力を引き出している。

  5. 5

    町田汁場しおらーめん進化本店

    塩ラーメンの名店のつけ麺は、つけ汁に小麦を主体に作られた白醤油が使われており、キリッと軽やかな塩気が特徴的。ツルツルでプリプリの麺、白醤油の程良い甘味や酸味、そして鶏出汁との一体感は、他では味わえない。

  6. 6

    満来

    特筆すべきは何と言っても大ぶりでブロックの様なチャーシューの塊がゴロゴロ鎮座しており、刻み海苔が麺皿を覆うこのメニュー。スープはサラサラで酢の酸味が強めに出ている、昔ながらの中華そばをつけ麺風にそのままシフトした感じ。

  7. 7

    麺屋はやしまる

    つけ麺では珍しい方の細麺。動物系、魚介、貝類など味に深みが出る素材を使用したつけ汁なのでその細麺と塩味で味わって欲しい。さっぱりしてるので2玉は余裕で平らげられるだろう。余裕があれば名物のワンタンやチャーシューを加えて贅沢に食べるもなお良し。

  8. 8

    古都はピアノマン

    ランチ時間帯のみ居酒屋で間借り営業していたつけ麺店が独立し、夜でも食べられる様になりました。昆布や鰹出汁に香辛料の効いたつけ汁は、和風のカレー風。卓上の辛味スパイスを入れて自分好みの辛さに調整できます。

  9. 9

    ajito ism

    イタリア語でロッソは赤という意味通り、つけ汁はトマトをメインに使用。ポタージュのようなトロみを出すのがカブやジャガイモなどの根菜。ドロドロとして酸味は強めだが箸は進む。パスタ好きな人には是非食べて欲しい。

  10. 10

    つけ麺 千兵衛

    動物系・魚介系の旨味と酸味・辛味・甘味がせめぎ合うつけ汁は、最初甘味が気になるかもしれないが、最後にはこのバランスに満足するでしょう。しっかり〆られた自家製麺の風味と食感はあとを引く旨さなので、中盛推奨です。

このランキングのコラムを見る