1. 1

    フェアバンクス、アラスカ(アメリカ)

    北国の冬の風物詩といえばオーロラですね。アラスカ第二の都市フェアバンクスはオーロラが見える町として有名。雪に覆われた町の上空を幻想的な光のカーテンがゆらめきます。

  2. 2

    ゴルナー氷河、ツェルマット(スイス)

    名峰マッターホルンをはじめとするスイスアルプスの山々に抱かれた氷河。ツェルマットから鉄道で標高3000mのところまで行くことができ、迫力ある氷河を目の当たりに。

  3. 3

    ノイシュバンシュタイン城、フュッセン(ドイツ)

    断崖絶壁の上にたつ白亜の古城、周囲が雪景色になるとよりいっそう美しさが際立ちます。ミュンヘンから列車でフュッセンまで約2時間、フュッセンからバスで約10分。

  4. 4

    プリトヴィツェ国立公園(クロアチア)

    緑豊かな夏の風景が有名ですが、凍った滝と真っ白な雪化粧も絵葉書のような美しさです。ザグレブからバスで約2時間30分。

  5. 5

    ソグネフィヨルド(ノルウェー)

    ヨーロッパで最長・最深のソグネフィヨルドは、雪景色も圧巻。間近に見れば冬ならではの迫力を感じることができるでしょう。ベルゲンから鉄道やバスで日帰りできます。(C)Hedda Breien

  6. 6

    ペリトモレノ氷河(アルゼンチン)

    パタゴニアの青い氷河。ここの氷は気泡が少なく透明度が高いため、青い光だけを反射するといわれています。12月から3月ごろは、氷河崩落に遭遇するチャンスも。エル・カラファテから日帰りできます。

  7. 7

    ロヴァニエミ(フィンランド)

    冬のサンタクロース村はファンタジーの世界そのものです。フィンランドが誇る建築家アアルトによって再建された街並も見応えあり。(C)フィンランド政府観光局

  8. 8

    レイクルイーズ(カナダ)

    バンフ国立公園内にある美しい湖。水面のエメラルドグリーンが有名ですが、冬の間はほぼ完全に凍結、白銀の世界になります。カルガリーからバスで約3時間。

  9. 9

    ハルシュタット、ザルツブルク(オーストリア)

    オーストリアアルプスの湖水地方、ザルツカンマーグートの最奥にある湖畔の町。山に囲まれた家並みに雪が舞う風景は、まるで絵本に出てきそう。ザルツブルクから鉄道で約2時間30分。

  10. 10

    春川(韓国)

    日本の韓流ブームの火付け役となったドラマ「冬のソナタ」の舞台になったことで有名。一年を通して人気のマウンテンリゾートですが、雪が降るとまさに「冬ソナ」の世界。ソウルから鉄道で約1時間30分。

このランキングのコラムを見る