1. 1位

    掌底(しょうてい)

    手の平の手首の付け根付近の硬い部分を使います。ビンタのように横から打っても効きますし、顎を下から突き上げるようにしてもOK。相手の体格に関係なくダメージを与えられます。

  2. 2位

    金的蹴り

    男性相手には絶対的なダメージを与える蹴りです。靴の先端をちょっとでも股間に当てるだけでOK。どんなに身体が多きく鍛え上げた男性でも一発でうずくまります。とっさの時にはここだけを狙いましょう。

  3. 3位

    手刀

    これは手を開いて指先を伸ばし、手首に近い部分で打ちます。手を刀のようにするという意味です。相手の首などを狙って、上から振り下ろすように打ちます。硬い所に当てると痛いですが、首は柔らかいので痛くありません。

  4. 4位

    膝蹴り

    強い力でなくても威力が出せ、蹴った方も痛みがない技です。女性の場合、前から抱きつかれた場合など膝を軽く上げるとちょうど相手の急所に当たりますし、顔に当たってもかなりのダメージを与えられます。

  5. 5位

    肘打ち

    膝蹴りと同じでケガをしにくく密着した状態からでも出せる技です。上から打ちおろす、後ろに打つ、下から打ち上げるなど様々な角度から打つことができます。軽い力でも顎・みぞおちなど急所に当たれば効果的です。

  6. 6位

    裏拳(うらけん)

    これは拳の裏側(手の甲)を使います。テニスのバックハンドのように振り回して相手の顎に入れればかなりのダメージを与えます。通常の拳は自分も痛める可能性がありますが、裏拳でしたらケガをしにくい場所になります。

  7. 7位

    下段払い

    名前は受けですが、攻撃として使います。相手の髪の毛を掴んで下に引っ張るように崩すものです。この時に腕力でなく背筋を使うように手を降ろすと効果的です。ムチ打ちのような衝撃を相手に与えることが出来ます。

  8. 8位

    上段受け

    こちらも攻撃として使います。上腕(手首から肘)の骨を使って相手の喉に入れるようにします。前から抱きつかれた時などに有効です。喉は身体の中でも脆い部位なので軽くてもダメージを与えます。

  9. 9位

    踵蹴り

    後ろから抱きつかれた場合、または倒れている相手に踵で踏むようにする蹴りです。女性はヒールを履くこともありますので、ヒールの硬い部位で相手の足を踏むように蹴ればかなりのダメージを与えることができます。

  10. 10位

    頭突き

    頭突きというとプロレス技のようですが、空手は身体のあらゆる所を使います。後ろから抱きつかれた場合など、後頭部を思いっきり後ろに振ると相手の顔に当たります。目・鼻・顎など、どこに当たっても効果的な打撃です。

このランキングのコラムを見る