1. 1位

    子(シ・こ)

    お名前に使われていることの多い字ですよね。2画目の縦画からハネへのラインが下膨れになる方が多いようです。美しく書くには、まず、1画目の終わりと2画目のハネが文字の中心になるようにし、「了」を確実に書きます。そこから、ヤジロベエをイメージしてバランスの良いところに横画をひきましょう。

  2. 2位

    富(フ・とみ)

    世界遺産・富士山の「富」ですが、3つの箱のバランスを崩しがちです。1画目の点が勝負! 中心に書き「ワ」を左右同じ長さにします。「一・口・田」の中心とうかんむりの点は一本の線上になります。

  3. 3位

    安(アン・やす)

    うかんむりと「女」のバランスが取りにくい字です。女のクロスしている部分が「ウ」の点の真下になるように書くと文字全体の中心が通ります。また、横画の上下の部分が、だいたい同じ長さになるようにすると「女」が安定します。

  4. 4位

    空(クウ・そら)

    写経教室の生徒さんほぼ全員が苦労されている文字です(なのに頻度が高い)。「安」と同じくあなかんむりの点と「エ」の縦画が中心を通るように書きましょう。あなかんむりの4画目・5画目は中心に対して線対象になるような空間を意識しましょう。

  5. 5位

    色(シキ・いろ)

    般若心経における「書きにくい文字」2トップの相方。「ク」の最後に「巴」の2画目の縦画が来るように書きます。上部が左に寄るので、最後のハネでバランスを整えましょう。

  6. 6位

    夢(ム・ゆめ)

    縦長でしかもほぼ左右対称の文字なので、バランスを崩しがちです。最近、お名前に使われることも多いのですが、みな苦労しています。「富」と同じで「くさかんむり・四・ワ」でしっかりと中心線を意識して。「タ」は縦長の長方形の中に収めるようにしましょう。

  7. 7位

    道(どう・みち)

    「しんにょう」の付く字は全般的に難しいですね。にょうと「つくり」との微妙な距離が勝負の分かれ目。にょうの右払いは斜め下に向かって直線的に引き、「首」をギリギリのところで(ぶつからないように)支えましょう。

  8. 8位

    波(ハ・なみ)

    さんずいが横広になると「皮」とのくっつきが悪くなり、真ん中にぽっかりと大きな穴が開きます。さんずいは「タ」と同じで長方形の中に収め、「皮」との間をあけないように書きましょう。

  9. 9位

    理(リ・ことわり)

    活字で見ると、恰好いい字ですが、書道では難しいですね。縦線・横線のみで構成され、しかも画数が多いので、ゆっくり丁寧に書きましょう。たまへんの縦画が曲がると、「里」にまで影響します。また、横画の間隔をすべて同じにすると見栄えよく書けます。

  10. 10位

    敬(ケイ・うやまう)

    左と右とで画数が2:1と差があるので、バランスが命!「句」の中の口が大きくなると、お化けのように見えてしますので構えの中に品よく収めてあげましょう。「のぶん」は左部分より上下幅を小さくしましょう。

このランキングのコラムを見る