2月14日の バレンタインデーに女性から愛の告白と共にチョコレートを贈られた男性が、その1ヵ月後の3月14日にお返しをするイベントといえばホワイトデー。このイベントは1980年に全国飴菓子工業協同組合が発案した日本独自のものと言われており、男性はキャンディーやビスケット、マシュマロなどをお返しするのが一般的とされています。

 このホワイトデーが近づくとデパートや洋菓子店などで男性の姿をよく見かけるようになりますが、彼らが何より頭を悩ませているのが《何を買えばよいかわからない》ということ。好みや欲しい物がわかっている恋人へのお返しであれば何を買うのか悩むことはあまりないと思いますが、職場の女性や知人の女性からもらった義理チョコへのお返しともなると相手の好みがわからず、選ぶのはなかなか難しいようですね。

 バレンタインデーの時に《もらったチョコレートはいくらだったのか》がわからない、《お返しの相場がわからない》というのも男性にとっては悩みの種。相手に直接金額を聞くのははずかしいし、相手にもらったものより安いものを贈るのは男としてのプライドが許さない——。「ホワイトデーは2倍返し、3倍返しがあたりまえ」などと言われているのを考えると、男性にとっては何とも頭の痛い問題です……。

 普段から情報のチェックを欠かさない女性と違って、《どのメーカー/ブランドなら恥ずかしくないのか》がよくわからない、あるいはデパートや洋菓子店などに《買いに行くのが恥ずかしい》というのも男性ならではの悩みと言えますが、あまりあれこれと思い悩むようであれば、思い切って女性に直接「何がいい?」、「お薦めは?」と聞いてみるのも良いのではないでしょうか。