会社勤めをしている人の中には、上司や部下以上に同僚の存在が気になるという人は多いのではないでしょうか。上下関係にある相手が何か問題のある行動をとった場合なら「まあ上司(部下)だからしかたがないか」と思えますが、同僚となるとなかなか怒りって収まらないものですよね。

 同僚が取った行動の中で「許せない」と感じたものは何かを実際に聞いてみたところ、やはり多くの人が《仕事をしない》をあげました。自分と立場の変わらない同僚は、上司や部下と違って自分との比較対象として見ることが多いもの。それだけに《仕事をしない》と目についてしまうのかもしれません。

 続く2位には《挨拶をしない》がランク・イン。これは特に同僚だからというものではなく、社会人のマナーとして許せないものですよね。このような社会性に欠けるタイプは《時間を守らない》、《電話を取らない》などの行動もとりやすい印象がありますが、とてもそんな人といっしょに会社を盛り上げていこうなんて気持ちにはなりません。

 《いやな仕事をすぐに押し付ける》同僚も、同じ職場では働きたくないものです。このタイプは面倒なことが嫌いで、何か仕事上の問題を起こした時も《失敗を人のせいにする》人も多いように感じますよね。こうした行動をとり続けていれば、いずれ同僚の会社での立場は悪くなる——つまり自身に報いが返ってくるはずですが、もし少しでもその同僚と共に会社を盛り上げていきたいという気持ちがあるのなら、一度きっちり注意してあげてみてはいかがでしょうか。