会話の端々に垣間見える「彼氏の過去」。気にしても仕方がないこととわかりつつ、自分より前にどんな人と付き合っていたのか、さらには何人ぐらいと付き合っていたのか——いわゆる“元カノ”情報は、気になってしまう情報の最たるもの。そこで女子に聞いてみた「付き合う相手の許せる元カノ人数」、1位は《5人》でした。

 一番多かった「許せる人数」は《5人》。2位も《3人》と、片手で数えられる範囲であればまぁ許せる、という人が多いようです。あまりに多いのも心配だけど、かといって少なすぎるのも「この人モテなかったの!?」と心配になる…そんな心理ゆえの結果でしょうか。ちなみに「結婚するまでにお付き合いをしていた人数ランキング」では《3人》が1位で、《5人》は4位と順位を下げているので、元カノの名前が5人あがった彼氏は一般的に「モテる人」といえそうです。

 「元カノの人数なんて気にしない」という《何人でもOK》という答えも3位にランク・イン。一方で《0人》は順位を大きく下げる結果となりました。元カノの数が多くて悩む人よりは、自分が初めての彼女ということに戸惑いを覚える女性の方が多い…ということでしょうか。元カノの人数、実は気になっていたけど聞けてないという人は、このランキングを話のネタに情報をつかんでみてはいかが?