自分の競技種目で良い結果を残すために、日々己の肉体を鍛えているアスリートたち。戦うために鍛えられた体を持つ彼らの肉体美を見てみたいと思う女子たちは、世の中にたくさんいるのではないでしょうか。そこで今回はそんな美しい体を持つ彼らの中で「雑誌でセクシーな特集をして欲しいアスリート」を調査しました。

 ランキング1位は、昨年の世界水泳選手権「男子200メートル背泳ぎ」で日本新記録を出した《入江陵介》選手。入江選手は乳児の頃からベビースイミングに通い、小学2年生で本格的に練習を始めるなど、水泳の英才教育を受けていたそう。今ではペットボトルをおでこに乗せたまま泳げるほどのバランスの良い泳ぎを見せることから、「バランス王子」という愛称で人気です。続いてランク・インしたのは、「ハニカミ王子」の愛称を持つ、ゴルフ界史上最年少賞金王の《石川遼》プロ。昨年はプロ史上最年少でマスターズ・トーナメントに出場し、2009年度ジャパンゴルフツアー表彰式では賞金王を始めとする9つの賞を受賞するなど、だれもが認めるゴルフ界の期待の星です。現役アスリートを退いた今でも人気の衰えを感じさせない《新庄剛志》《中田英寿》らもまだまだ若者には負けまいとトップ10入りをしています。

 好成績を収めているトップアスリートが並んだ今回のランキング。普段は見せないその鍛え上げられた肉体美を、いつしか披露してほしいものですね。