年末の大掃除を慌ただしく済ませた後は、家族全員でテレビを見ながらのんびりと過ごしたいもの。家族そろって楽しむ年末の特番といえば、やはり外せないのが《NHK紅白歌合戦》です。さまざまなジャンルの曲を聴いて今年の音楽業界を振り返ってみたり、小林幸子がどんな派手な衣装で登場するのかで盛り上がったりすることは何とも楽しいものですよね。

 《NHK紅白歌合戦》とチャンネルを切り替えながら見ている人も多いのが、 裏番組にあたる《日本レコード大賞》。「《NHK紅白歌合戦》も良いけど、好きなミュージシャンがこっちに出ているから……」という人は多そうですよね。

 年が変わる瞬間にどのチャンネルに合わせているのかも人によってさまざまです。静かに除夜の鐘を聞きながら新年を迎えたいなら、《NHK紅白歌合戦》終了後に始まる《ゆく年くる年》が一番人気。実家の母親が用意してくれた年越しそばやみかんを食べながら、静かに響く除夜の鐘に耳を傾けると、何だかおごそかで落ち着いた気持になれます。

 笑って年越しをしたい人が選んだのは、年をまたいで合計6時間も放送する《ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP》。今年もまた「絶対に笑ってはいけない新聞社24時!!」や「山崎VSモリマン」などの定番ネタで、お茶の間を爆笑の渦へと巻き込んでくれるのでしょうか。

 格闘技好きの人には年末恒例の《K-1 Dynamite!!》も外せない番組のようです。近年は格闘技イベントの人気が低迷している印象もありますが、今回は「K-1 WORLD MAX」で世界チャンピオンに輝いた経験もある大物選手・魔裟斗が引退試合を行うこともあり、かなり注目度が高まっています。音楽にお笑い、格闘技と、どうやら今年も年末はチャンネルの切り替えに忙しくなりそうですね。