子どもの頃には「20歳の自分は随分と大人に成長しているのだろうな…」と思うも、実際に自分がその歳を迎えてみると、「案外成長していないな……」なんて感じた人は多いのではないでしょうか。そこで「10代・20代が思い描いている『30歳の自分』」について聞いたところ、最も多かった回答は《結婚している》でした。 厚生労働省が発表した平成18年度「婚姻に関する統計」によれば、日本人の初婚の平均年齢は夫が29.6歳、妻が28.0歳なのだそう。平均年齢でみると30歳前に結婚する人が多いという結果ですが、実際には30歳を過ぎて独身の人も多い今の世の中。10年後の10代・20代の人たちは、「30歳の自分はまだ独身」と思う人の方が増えているかもしれません。

 2位には《子どもがいる》が入るなど生まれ育った家庭から自立をし家族を持つ自分を思い描く人が多いようです。

 3位にはちょっと耳が痛い話、《20代と変わらない体形を維持している》がランク・イン。若かりし頃にはいていたズボンに久しぶりに足を通してみると、ウエスト周りがキツくて入らず愕然するなど歳を重ねたことによる体型の変化に気がつく人も多いのではないでしょうか。

 現在30歳以上のみなさん、当時描いていた「30歳の自分」と照らし合わせてみていかがでしたでしょうか? そして現在10代・20代のみなさんが思い描く「30歳の自分」はどんな自分ですか? たまにはこうして自分を振り返ってみるのもいいかもしれませんね。