歳を重ねることにより生まれる魅力があることはわかってる。それでも「若さ」を保ちたいのは、人間の尽きない欲望……。「アンチエイジング」は、「若さ」を追及する多くの人の間で数年前から話題のキーワードです。アンチエイジングの一般的な定義は「老化を遅らせること」。人間誰しも歳をとり、歳をとることで肌や体型、ライフスタイルや考え方など様々な変化に直面します。これらの変化を最小限に抑えるため、たとえば美容の分野では「肌」や「髪」といった外見でも老化がわかりやすい部分についてさまざまなサプリメントや施術が紹介されています。

 さまざまな手段のある「アンチエイジング」ですが、手軽にできるアンチエイジングとして1位にあがったのは《野菜をたくさん食べる》こと。老化の原因物質のひとつは過剰発生した「活性酸素」と言われていますが、野菜にはこの活性酸素を無毒化してくれるビタミンEなどを豊富に含むものがあります。日本人の野菜摂取量は近年大きく減っているとされており、なかでも若い世代での摂取量減少は顕著だそう。野菜の摂取は老化防止だけでなく健康維持にもつながるので、食生活の改善は大いに効果あり、といえそうです。

 ランキングをみると《睡眠をしっかりとる》《規則正しい食生活》など普段の生活態度に関するものと、《日焼け止めを塗る》《保湿クリームを塗る》など日々のお手入れとして取り入れたいものの大きく二つが上位に入る結果となりました。「美しく年齢を重ねたい」という人は、ランキングを参考に日常生活を見直してみてはいかがですか?