外を吹く風は冷たい木枯らしと不況の風ばかりで、まだまだ春は遠そうな気配。せめてハートは温かく、と自ら選曲したのは、超・踊れるダンスチューン。何だよみんな、そんな浮かない顔していないで、カラオケくらいは盛り上がっていこうよ!

 イヤなことも面倒な問題も、何もかも忘れて踊り明かす、たまにはそういう夜も悪くないもの。さて、そんなシーンにもってこいの「カラオケで踊れる曲ランキング」で1位に輝いたのは、お茶の間の人気者、羞恥心の《羞恥心》と、DJ OZMAの《アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士》。《羞恥心》は、どこか懐かしげな昭和アイドル風味の歌謡曲。一緒に踊れば彼らの底抜けな明るさが伝染して、歌詞の通り「人生、夢で生きてもいいんじゃない?」なんて思えてくるかも。《アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士》は、韓国発、台湾、香港、中国、フィリピン、マレーシア、シンガポールとアジアを席巻したメガヒットチューンの日本語カバーバージョン。一同横一列、肩を組んで「ナーナーナナナー」と合唱すれば、もはやオフィスに敵はナシ、ライバルすらも愛おしく思えたりして。

 4位の《Yeah!めっちゃホリディ》は、はるな愛の「エアあやや」をきっかけに再び注目を集めた松浦亜弥のヒットソング。はるな愛のイメージが強すぎて、今やダンスはやや大げさなくらいがデフォルト!? ダンスにこだわるといえば、3位のEXILE《Choo Choo TRAIN》や、12位のPerfume《ポリリズム》にも挑戦したいところ。本格的なステップ、息のあったパフォーマンスを目指すなら、お披露目の前にあらかじめ練習が必要かも。

 ストレス社会に生きる現代人にとって、カラオケは手軽にリフレッシュできる娯楽の一つ。歌うだけじゃ物足りない、そんな場合はいっそのこと踊っちゃえばいいんです。巷でじわじわ浸透しつつある「ヒトカラ」も、お披露目前のダンスの練習を兼ねるケースが今後増えるかもしれませんね。