自社の製品を少しでも多くの顧客に届けるため、席を温める暇もなく外を飛び回る営業職。コマーシャルやホームページの立ち上げなど、自社の商品をアピールする手段はいろいろとありますが、やはり重要なのは地道なこうした外回りの営業活動ですよね。

 そんな外回り営業において、最も重要なアイテムとされているのが《システム手帳》。スケジュールの管理や商談相手に関する情報や会話内容のメモなど、あらゆる場面で活躍してくれます。この《システム手帳》に書き込んだ情報をよりわかりやすく、読みやすくしてくれるのが3位の《3色ボールペン》。2003年に刊行された『三色ボールペン情報活用術』では情報を立体化し、有効に活用するためのツールとして《3色ボールペン》を取り上げています。

 夏の盛りだけでなく、寒さが残る時期でも手放せないのが《汗ふき用ハンカチ》(3位)。スーツを着たまま忙しく営業に走り回っていると汗をかくのは避けられないもの。取引先との打ち合わせや交渉の席で玉のような汗が吹き出ていたのでは、あまり良い印象を与えられませんよね。汗をかいて衣類がベトついた時には《デオドラントグッズ》(10位)も必要。万全を期すために口臭防止の《ミント系タブレット》(6位)があるとなお安心です。

 今や当たり前のように営業用のツールとして使われているのが、5位の《ノートPC》。営業先でのプレゼンテーションや取引先から届くメールのチェック、インターネットでの情報収集など、これ1台あれば大幅な作業の効率化が可能です。最近はデータ通信カードとセット販売されているNetbookが安く購入できるため、「外回り用に買ってみようかな……」と考えている人も多いのでは?