世の中の移り変わりの激しさを 表す「十年一昔」という言葉があるように、10年というのは社会の姿を大きく変えてしまうほどの時間です。特に、はやりすたりの激しい芸能界において10年もの長い期間にわたって人気を保つのは、わたしたちが想像する以上にたいへんなことなのではないでしょうか?

 2009年に10周年を迎える有名人の中でも、最も多くの人が「さらに活躍しそう」と考えたのは、人気アイドルグループの《嵐》でした。 『A・RA・SHI』でCDデビューを果たして以来、グループとしてはもちろん、メンバー個人も幅広いジャンルで活躍しています。 オリコンが発表した2008年のシングルCD年間売り上げランキング で『truth/風の向こうへ』が1位、 『One Love』が2位になるなど、活動開始から10年を迎える現在も人気にまったく衰えが見えないのはすばらしいことですよね。

 続く2位には《上戸彩》が選ばれました。アイドル グループ「Z-1」のメンバーとしてデビューし、2001年に放映された テレビドラマ『3年B組金八先生』で注目を集めました。その後も映画・ドラマなどで数多くの作品に 出演し、CM総合研究所が発表して いる「CMタレント好感度」では2005年と2007年に女性部門で1位に輝いています。

 お笑いの分野では、「ルネッサ〜ンス!」のギャグでブレイク中の《髭男爵》が《フットボールアワー》(9位)や《キングコング》(11位)を抑えて8位にランク・イン。バラエティ番組を中心に、 アニメ『のだめカンタービレ 巴里編』にレギュラー出演するなど幅広い活躍を続けています。続けてヒットするのは難しいと言われるお笑いの世界で、彼らが次にどんなギャグを繰り出してくるのか楽しみですね。