忙しくてなかなか旅行に出かける時間がない——。そんな人たちに人気を博しているのが「旅番組」です。身近な下町から未開のジャングルまで番組ごとにテーマはさまざまですが、チャンネルを合わせるだけで旅行をしているような気分にさせてくれるので、ついつい見てしまいますよね。

 そんな旅番組の中で最も高い支持を得たのが、TBS系列で放送中の《日立 世界ふしぎ発見!》。「 ミステリーハンター」と呼ばれる女性リポーターが世界中の不思議をリポートしながらクイズを出題する番組で、1986年の放送開始から現在までに訪れた国は150ヵ国以上。放送回数も1,000回を超えるというから驚きですよね。未知の世界の情報を知ることができるのはもちろん、驚異的な正解率を誇る 黒柳徹子や、 板東英二野々村真らレギュラー解答者たちのユニークな解答も見どころの1つです。2008年9月には JATA(日本旅行業協会)が観光産業の発展に貢献した観光局/メディアに贈る「 JATAツーリズム大賞」を受賞しており、旅行業界も公認の旅番組と言えるでしょう。

 国内の旅番組で高い支持を得たのは、 車だん吉阿藤快ダニエル・カールなど個性的なリポーター陣が日本各地の沿線を旅する《ぶらり途中下車の旅》。アニメ『 ヤッターマン』の ドクロベーの声でも知られるベテラン声優・ 滝口順平のナレーションも印象的で、旅立ちの際の「おやおや○○さん、今日はどこへ行くんですか?」や、リポーターが料理を食べる際の「うまそうですなあ〜」という独特の語り口は、パロディするお笑いタレントもいるほど。世界を舞台にした旅番組のようにドラマチックな展開こそありませんが、まったりと楽しむにはお薦めの番組です。

 世界各地の鉄道の車窓から見える景色や乗客の様子などを紹介する独特のスタイルで支持を得ているのが、テレビ朝日系列で月曜から金曜まで毎日放送されている《世界の車窓から》。放送開始は1987年と、《日立 世界ふしぎ発見!》に継ぐ長寿番組です。わずか5分間という短いオンエア時間ながら、その土地に流れる空気やそこに暮らす人々の息吹すら感じられるような美しい映像と、俳優・ 石丸謙二郎のナレーションに「1日の疲れを癒やされる」と楽しみにしている方は多いのではないでしょうか。

 今回のランキングで残念なのは、3位に入った《世界ウルルン滞在記》が2008年9月に放送を終了してしまったことですが、現在もTBS系列BSデジタル放送の BS-iでは再放送となる『 世界ウルルン滞在記リターンズ』が放送されています。こちらは本放送時に流されなかった未公開映像も追加されているそうなので、ファンの方はチェックしてみては?