「しまった!うっかり忘れていた」その“うっかり”が危ない! 1年に1度やってくる記念日をパートナーの機嫌を損ねずに過せるよう、「恋人に忘れて欲しくない記念日ランキング」ではどんなに忙しくても、忘れずに押さえておきたい記念日について聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《お互いの誕生日》でした。いくつになっても自分が産まれた日というのは、自分の両親に感謝しつつも一番祝って欲しいのは恋人なのかもしれません。どんなに忙しい日々でも、盛大でなくとも、お金をかけなくとも、お祝いのメッセージだけは欠かさずに贈りたいものですね。

 2位には《結婚記念日》がランク・イン。2人の新しい人生の門出は、いくつになってもお祝いしたいもの。 “スイート10ダイヤモンド”などといわれるように、特に結婚10年目の記念日は工夫が必要なのかもしれませんね。3位は《こどもの誕生日》がランク・インしています。日々成長する姿を喜び、さらなる成長を祈りつつ、愛情をたっぷり注げる日ともいえそうです。でも大きくなるにつれて、家族以外の誰かと祝うことを思うと、今のうちだけなのかもしれません。

 毎年「来年こそは用意周到に企画や準備を前もって済ませよう」と胸に誓えども、ついつい日々の生活に追われてしまい、記念日目前になって気がつくという方も多いのではないでしょうか。携帯電話などに備わっているアラーム機能などを駆使して、大切な記念日を忘れないよう心がけたいものですね。