暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節がやってきました。昼間はまだ夏の気配が残るものの、昼夜の長さがほぼ同じになる 「秋分」を過ぎた頃から秋を実感する人も多いのではないでしょうか。「秋になったと感じる瞬間ランキング」の1位は、《木々が紅葉する》。北海道など寒い地域では9月末から見ごろを迎える紅葉ですが、徐々に紅葉前線が南下し、木々が色づくのを見ると「秋だなぁ〜」と実感する人は多いようです。

 また、秋の風物詩ともいえる虫たちに関する項目も上位に。《スズムシの鳴き声が聞こえる》が3位に、《赤とんぼを見かける》が6位にランク・インしました。「リンリン リンリン リーンリン」というスズムシの声を聞くと、なんとなく懐かしいような、しっとりとした秋の情緒を感じるという人も多いのでは? 秋といえば 「スポーツの秋」 「芸術の秋」などと並び、 「食欲の秋」とはよく言われる言葉ですが、意外にも《食欲が増す》は20位と振るわない結果となりました。