お得意様へ向けてのプレゼンが迫る一方で、微塵も浮かばぬアイディア、さてどうしよう…。とデスクで焦るばかりのこんな状況。みなさんはどのような対策をとっていますか? 「いいアイディアが浮かぶと思う場所ランキング」では、ここならば不思議と名案が浮かんでくるという場所について聞いてみました。

 ダントツの1位は《洋式のトイレ》でした。社内のトイレならば、わざわざ外出することなく気軽に自分だけの空間を得られ、じっくりと腰を下ろして考えることができるのかもしれません。また、自宅でも手狭な空間が反対に落ち着く、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。じっくり自分と向き合った末には、良いアイディアが浮かぶという人が多いようですね。

 次いで2位《ベッドの中》、3位《バスルーム》でした。本来ならば、1日の疲れを癒す場面ですが、「一晩ゆっくりと考える」といった余裕や、体をリラックスさせた状態の方がいいアイディアが浮かびやすいようです。また静かな場所を求め、4位《図書館》へ足を運ぶ人や、6位《近所の公園》などからだを動かしつつ考える人も。8位《河川敷》、9位《川沿いの遊歩道》と水辺に出掛ける人も目立ちました。

 時間さえ許せば《湖畔》《渓谷》と、より良いアイディアを求め、足をのばす方もいるようです。ランキングを参考に、自分にとってのベストポジションを見つけ、仕事に役立てたいものですね。アイディアが浮かぶからといってトイレを仕事場と化さないよう、ほどほどのところで出てきてくださいね。