旅行先で美しい景色を見たり、テーマパークや遊園地で遊んだりするのは楽しいものですが、忘れてはならないもう一つのお楽しみと言えば、ご当地限定の商品を買うことではないでしょうか? その土地の特色が色濃く反映された ご当地商品は、旅の思い出としても同僚や友人へのお土産としても欠かせません。果たして最も人気の高いご当地商品とは……?

 「旅先でつい買ってしまうご当地商品ランキング」の1位は《旅行先の有名菓子》でした。北海道名物の 「白い恋人」や京都の 「八ツ橋」などの有名菓子は誰もがお土産として買っていくため、「またか」と思われる可能性もありますが、旅の最後に慌てて探してもすぐに購入できる上に、会社などで配る際に小分けもしやすいので、ついつい選んでしまいますよね。続く2位には《ご当地ソフトクリーム・アイスクリーム》が入りました。鳥取県の 「二十世紀梨ソフト」や福島県の 「山ぶどうソフト」のように地元特産の果物を素材にしたものが定番ですが、長野県の 「わさびソフト」や富山県の 「しろえびジェラート」など、変わり種の素材を使ったものも多いようです。以下12位までは《日本酒・焼酎・ワイン》や《漬物》などの食品関係が続きますが、やはり注目は3位の《ご当地バージョンの有名菓子》でしょうか。明太子味の 「ジャイアントプリッツ」(九州限定)や、ずんだ風味の 「キットカット」(東北限定)など、ご当地限定のユニークな商品が多数発売されており、その値段も安さも手伝って高い人気を集めています。ちなみに、こうした商品はコレクターにも人気が高く、《ご当地バージョンの有名菓子》ばかりを集めている人も少なくないのだとか。

 今回ランキングに登場した商品の中にはインターネットを利用して購入できるものも少なくありませんが、やはり自分で実際に足を運んで買いたいものですよね。次の旅行の際には、ご当地限定メニューの収集を目的としたツアーを組んでみると楽しいかもしれませんよ。