「痩せたい!」と必死にダイエットをする女性が多い反面、少しぽっちゃりしている方が好みだという男性は少なくありません。しかし一言でぽっちゃりと言っても、どの程度までが許容範囲なのか境界線を敷くのは難しそうです。そこで今回は、男性が「これがベストぽっちゃり!」と感じる女性有名人について探ってみました。


 1位は《水卜麻美》でした。日本テレビの女性アナウンサーである《水卜麻美》は、食欲旺盛なぽっちゃりキャラ。数々の番組でその愛らしいぽっちゃりさをつっこまれ、今ではお茶の間の人気者となっています。ふんわりとした雰囲気と柔らかそうな肌質はまさにマシュマロ。「触りたい!」と思わせるような肌質とぽっちゃり感が多くの男性の支持を集めたようです。2位は《深田恭子》でした。《深田恭子》といえばむっちりとした二の腕。女性は二の腕をできるだけ細くしたいと感じる一方で、そんなむっちりとした二の腕に魅力を感じる男性は多く、つい触りたくなるパーツのひとつでもあるようです。しかし、《深田恭子》は全体的に見るとウエストはくびれていてスタイルがよく、決してぽっちゃりはしていません。柔らかそうな肌質と、デビュー当時のふくよかなイメージが強いのかもしれませんね。3位は《綾瀬はるか》でした。一瞬目を疑った人も少なくないかと思います。《綾瀬はるか》といえば小顔でホッソリとスレンダーな印象を抱く女性が多いはず。これをぽっちゃりと言われてしまうと自分は…と落ち込みたくなりますが、実は《綾瀬はるか》はデビュー直後の今ほど売れてない時期に劇太りし、とあるバラエティー番組にて驚異のダイエットを決行したという過去があります。そのイメージに加え、白い透明感のある柔肌がどこか触りたくなるぽっちゃり感を連想させるのかもしれませんね。
 この結果を見て、ひょっとすると自身が想像していたぽっちゃり像と男性が理想とするぽっちゃり像の違いに唖然とする女性も少なくないかもしれません。彼氏がぽっちゃり好きだからといって、どんどん太っても大丈夫…というわけではないかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年8月18日~2014年8月20日
有効回答者数:男性250名