夏に味わうビールは乾いた喉を癒してくれる最高のごちそう。そんなビールに欠かせないのは、おつまみ。コンビニで手軽に手に入れられるおつまみは、年代を問わず人気があります。今回はコンビニおつまみの決定版と言えばなにか、みなさんに聞いてみました。


 1位を獲得したのは《亀田の柿の種》。ピーナッツと辛めのおカキがミックスされた人気のおつまみです。値段も手ごろで、ビールのおつまみとしては最適ですよね。2位には《Cheeza(チーザ)》がランク・イン。チーズの風味と味をそのまま閉じ込めたスナック菓子で、カマンベールやチェダーチーズなど濃厚なチーズの風味がビールによく合います。3位から5位はポテト系が独占しました。3位の《カルビーポテトチップス》、5位の《堅あげポテト》はどちらもポテチ。ビールとポテチの相性の良さが高く評価されている証です。他にも6位にわさび風味がきいたポテトチップス《わさビーフ》、9位にはポテトチップスの王道《チップスター》、10位には、ピザの風味が人気の《ピザポテト》がランク・インしています。
 フレーバーは違いますが、ポテチがダントツの人気を集めました。そのポテチを抑えて1位に輝いた《亀田の柿の種》は、世代を問わず昔から愛されているビールのおつまみと言えそうですね。今夜早速コンビニに出かけてみては。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014/6/27~2014/6/30
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)