友人の結婚式に出席した際に、失敗をした経験はありませんか? 「穴があったら入りたい!」と心の中で叫びたくほど恥ずかしい思いをしてしまうものです。今回は、友人の結婚式でやってしまった失敗についてみなさんに聞いてみました。


 1位に選ばれたのは《カジュアルな格好で行ったら、他の人はかなりドレスアップしていた》でした。結婚式に招待されたら正装で出席することが常識ですが、悩んでしまうのは「平服でお越しください」と招待状に書いてある場合。深く考えずカジュアルな服装を選んだら、周りはドレスアップしていて浮いてしまったことのある人が多いようです。2位は《披露宴でお酒を飲み過ぎて酔いつぶれてしまった》。楽しい雰囲気と美味しいお料理、さらにはお酒を前にして、ついついハメを外してしまう人もいるようです。同率で2位に選ばれたのは《ご祝儀の金額が相場より低いことにあとで気が付いた》です。あらかじめ、出席する友人とご祝儀の金額について相談しておくと安心です。4位は《服が友人とかぶっていた》。せっかくお洒落しても、まったく同じ服装で出席した友人がいたとしたら…考えただけでもバツの悪い思いがしますよね。
 5位の《新郎新婦以上に泣いてしまった》は、微笑ましい失敗ではないでしょうか。感激のあまり泣いてしまう友人の姿は、新郎新婦にとっては心からの嬉しい祝福となりそう。他にも7位《スピーチでウケを狙おうとしたが、思い切りスベってしまった》、9位《余興でウケと狙おうとしたが、思いっきりスベってしまった》と後で笑えるような失敗がランク・イン。「友人の結婚式でのやっちゃった失敗」は、決して人ごとでは無く、自分にも降りかかってきそうな失敗ばかりですよね。先人の失敗を参考にして、結婚式に招待された席で赤面することのないように心掛けたいものです。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014 /6/12~6/16
有効回答者数:500名