竹野内豊が映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』で、モテ男であるにもかかわらず必ず相手から別れを告げられてしまう主人公を演じたのだとか。そこで「芸能界のモテ男は誰なのか」を聞いてみたところ、1位には《福山雅治》が入りました。


 gooの「結婚したい大物独身俳優ランキング」でも首位に選ばれた《福山雅治》。『女性自身』の「40代、50代で最も惹かれる俳優」のアンケートでも2位に入っています。90年代から第一線をずっと走り続けてきた芸能活動が評価された結果ですが、当の本人は「思い描いた自分になれていない」と言っているのだとか。この背景には「18歳で長崎から上京した時はバンドを組んで新宿のライブハウスを満員にするのが夢でした。でも結果としてデビューは映画だったので。望まれる在り方と、自分が望む在り方はやはり違いがあると思う」という自身の葛藤があるそう。それでも「その違いを受け入れながら生きることを選んだ。だから、これからも自分が出来ることや応えられることに精一杯取り組むだけ」と語っている通り、独学でピアノをマスターするなど陰の努力を惜しんでいません。その勤勉さが彼をここまでにしたのでしょうね。2位には《木村拓哉》が入りました。1980年代のトレンディドラマブームを継承し、若者たちにとって憧れの中心人物として君臨してきたのは周知の事実。今年はスペシャルドラマ『宮本武蔵』に出演するなど、時代劇にも挑戦しています。本人は「いつかサバイバルに挑戦したい」と言っているそうで、それが実現すれば新たなファン層を獲得できるかもしれません。

 2012年1月に行った調査で1位となった《田村淳》は、今回の調査では順位を落として7位に。モテ男が集まる芸能界でも、「モテ男首位」の座をキープするのは容易なことではないようです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:22073票
投票期間:2014/2/13~2/20
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません