現代はかつてとは違い独身貴族を謳歌しやすい時代になりましたが、今回はみなさんに、一生独身でいそうな気がする男性の特徴について聞いてみました。


 生活トレンド研究所が首都圏在住20〜40代の独身男女計961名に実施した「“独身者の今後の人生”に関するアンケート調査」によると、「結婚しないと思う」、「結婚願望がない」と答えた男性は、20代で20.3%、30代で30.4%、40代で38.6%と、年代が上がるにつれて結婚願望がなくなる人が増えるという結果になったそうです。独身である理由も、結婚しないのか、したくてもできないのかは人それぞれですが、今回のランキング1位は《自己中心的性格》となりました。結婚したら多くの場合、男性が一家の大黒柱として経済的にも精神的にも家庭を支えることになるので、「自分さえよければ」という考え方はそもそも結婚には不向きかもしれません。もし本人に結婚願望があっても、女性にその性質を見抜かれれば結婚は縁遠くなりそうです。

 2位は《女性に理想を求めすぎる》に。特に、4位《過去に一度も交際経験が無い》のように女性と交際する機会が少なければ、アイドルや漫画のキャラクターなどの理想の女性像を鵜呑みにして、現実とのギャップを受け入れられないこともありそうです。そこへいくと、昔から女性に囲まれる機会が多かったり姉や妹がいる男性は、女性のいい面も怖い面もわかっているので、「幻想のお姫様」を追う危険性は低いのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:38611票
投票期間:2014/1/26〜2/8
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません